FC2ブログ
2018年09月 ≪ 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ 2018年11月
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
2018-01-17(Wed)

この旅一番の絶景と思えた世界。

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー→シンガポール→中国→カザフスタン→キルギス→アラブ首長国連邦(ドバイ)→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→ノルウェー→スウェーデン→デンマーク→ドイツ→オランダ→ドイツ→ベルギー→イギリス→アイルランド→イギリス→スペイン→モロッコ→スペイン→フランス→モナコ公国→フランス→ドイツ→ポルトガル→アメリカ合衆国→メキシコ→ペルー

【Peru】

39ヶ国目☆ペルー

前回・・・
雪か氷かが溶解して見つかった標高5100mにあるレインボーマウンテン。
バン、馬と乗り継ぎ、最後は徒歩・・・その先に待っていたのは・・・


標高5100mまで、ゆっくりゆっくり、寒さと低酸素と戦いながら登る。

霰の痛みに耐えながら、どう考えても雲で綺麗な山なんて見えないだろうと思ったし、何度か本気で引き返したくなった。
そして・・・頂上に着いた。

レインボーマウンテン後編 (1)
振り返るとこんな感じ。
やっぱり雲に覆われていて、景色はイマイチ。
だけど・・・

レインボーマウンテン後編 (2)
とりあえず記念写真。

標高5100mまで登ったよーーーっ!!

4900m地点まで馬使ったけど(T_T)


レインボーなのは何となく見えるけど、やっぱり視界はよろしくない。
とりあえず、もう少し、写真ポイントまで歩いてみる。
すると・・・

レインボーマウンテン後編 (3)
雲が晴れたーっヽ(´∀`)ノ
寒いのは変わらないし、頂上で売っている暖かいコカ茶に縋りそうになったけれど、とりあえず晴れた内に景色を収めておかなければ・・・

レインボーマウンテン後編 (4)
この辺りが写真ポイント。
せっかくだから珍しく自分の写真も撮ってもらった。

レインボーマウンテン後編 (5)
登ってきた方。
本当に不思議。
こんな風に色違いの地層が重なっている光景・・・今まで色々な山を見て来たけれど、これは初めての景色。

レインボーマウンテン後編 (6)
あっちから登ってきた。
レインボーじゃない、向こうの山もとても綺麗・・・

さて・・・下ろう。
霰が上からじゃなくて、横から殴るように流れてくるのに耐えられなかった。
少し下ってまた上を見たら・・・

晴れてる・・・((((;゚Д゚)))))))!!


・・・
・・・・・・散々迷って、再度登ることに。

「もう2度と登山はしない」と誓ったのに。

だけど・・・

レインボーマウンテン後編 (7)
すごくすごく、綺麗に山が見えた。
私が見たかった光景が、そこにはあった。

レインボーマウンテン後編 (8)
絶景はたくさん見て来たけれど、ここはこの景色に飲まれた。
ただただ、この山の織りなす世界に見入った。

レインボーマウンテン後編 (9)
こっちも青空が出たほうがやっぱり良い。
できればずっと見ていたかったけれど・・・

晴れたのはほんの数分だった。


さすが山の上・・・またすぐに横殴りの霰が降ってきたので、今度こそ本当に退散。

下山は馬を使わず自力で降りる。
ま~、下山は得意だし~なんて・・・思っていたんだけど・・・

標高5100m舐めていました。


レインボーマウンテン後編 (10)
馬からだと撮れなかった、山の上に自然に出来た川。
雪解け水がちょろちょろ流れて、水はとても綺麗。
この辺りも良く見ると色々な色の岩が・・・

レインボーマウンテン後編 (11)
こんな道をゆっくり下る。
普段は、マチュピチュの帰りも、下りは人より早くてさくさく抜かしていくんだけれど、下りもかなりしんどくて何度も何度も立ち止まった。

レインボーマウンテン後編 (12)
絶景はどこまで行っても広がっていて、たぶん余裕があれば癒されるな~とか感じていたんだろうけれど、この時の私は、寒さと酸素の薄さにずっと身体が震えていて、ひたすら足を前に出し続けた。

レインボーマウンテン後編 (13)
標高も4600m位になれば、大分身体は楽になった。
これ・・・どこの国でも共通なんだなぁ。
日本の山の上にもよくあるよね・・・

レインボーマウンテン後編 (14)
遠くに肥えた羊たち。
太陽が出てきたこともあって少し余裕が出て来たけれど、少しでも緩やかな上り坂になると、息切れが酷くなって、立っているのもできなくなった。
声を掛けてくれる人達もいたけれど、「大丈夫」と答えるのもしんどくて、それでも来て良かったとは思った。

レインボーマウンテン後編 (15)
草の上のほうが安定して歩けたけれど、たぶん、この草の下の土は、ほぼ馬や羊、アルパカとか、動物達の糞だと思う。
ここの野生の?動物達は餌に困らなそうだったけれど、それはこうして連鎖しているんだろうな、とか考えた。

レインボーマウンテン後編 (16)
うーん・・・やっぱり良い景色・・・

レインボーマウンテン後編 (17)
このサボテン・・・何故カビっぽいのが生えているんだろう・・・?

こういう品種??

レインボーマウンテン後編 (18)
もうあと少し、私が馬に乗り始めた地点まで来た。
登りで馬を使ったおかげで、下りも他の人達より早く出発することができたんだけれど、ここでガイドさんに追いつかれた。
他の人達に迷惑かけたくなかったけれど、まだ私の後ろにもいると聞いてかなりホッとした。

8:30~歩き始め、馬に乗り、レインボーマウンテンで景色を見て、下って。
馬を使ったこともあって、体感的には2~3時間だったけれど、バンに戻ると13:30だった。

レインボーマウンテン後編 (19)
これ、大分お世話になった。
コカの葉とその他色々なハーブとか混ぜた液体で、手とかに塗って匂いを嗅ぐ。
少し気分が楽になった・・・何度か貰って、吸うと良くなって・・・
なるほど、麻薬認定されていても、高所だと大事な大事な薬だという意味が分かった。

バンの中で爆睡し・・・

レインボーマウンテン後編 (20)
お昼ご飯。
チキンスープとチキンの唐揚げとポテトフライ。
味は正直唐揚げ以外はうーん、という感じだったけれど、お腹は空いていたみたいで、残さず食べた。

レインボーマウンテン後編 (21)
向かいに座った韓国人の女の子がくれたヽ(´∀`)ノ
温かいお茶に砂糖を入れて、一緒に食べた。
お茶に砂糖なんて・・・って人間だったんだけれど、コカ茶+砂糖がとても身体に沁みた。

クスコに着いたのは17時半位・・・これで65ソル(2,275円)なら、すっごくお得だと思う。
(別途馬代プラス)

レインボーマウンテンツアーはこんな感じ。

今後色がくすんでくるかもしれないというので・・・
マチュピチュに今行く人は、是非是非今の内にこちらも行ってみてくださいヽ(´∀`)ノ

本当に圧巻だった・・・色違いの地層がこんなに綺麗に並ぶ様子なんて、中々ないしね。

私の人生で、後にも先にもこれ以上の標高の山に立つことはないだろうな・・・

ではでは~。

今日はここまで☆

読んでいただきありがとうございましたっ


----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいですヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 世界一周 世界遺産 ペルー クスコ レインボーマウンテン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Misakichi

Author:Misakichi
みさきち。←友達がつけてくれたあだ名で重宝
スペック:看護師、CRC
体力ないくせに好奇心と食欲は旺盛。
趣味:旅 料理 読書
2017.3.30渡航→フィリピンで8週間英語勉強→アジア~西回りで世界一周予定

詳細プロフィール
Author:<%author_name>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。