fc2ブログ
2024年01月 ≪ 
1234567891011121314151617181920212223242526272829
 ≫ 2024年03月
2017-10-07(Sat)

ウェールズは首都カーディフへ☆

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー→シンガポール→中国→カザフスタン→キルギス→アラブ首長国連邦(ドバイ)→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→ノルウェー→スウェーデン→デンマーク→ドイツ→オランダ→ドイツ→ベルギー→イギリス

【United Kingdom】

30ヶ国目☆イギリス

2017.9.30

ウェールズの首都:カーディフへ

見たようで全然見ていないイングランドを後に、次なる目的地はイギリスの西側、ウェールズへ。

ロンドンは鉄道が高い
ってロンドンに限らずヨーロッパはどこも高いけどね・・・

なのでイギリス国内の移動は「Coach」という長距離バスを利用すると交通費を浮かせることができますヽ(´∀`)ノ

ちなみに、ロンドン→カーディフへは片道9.50£(1,425円)・・・日本の長距離バスより断然安いヽ( ̄▽ ̄)ノ

バスはVictoria coach stationから、10:30出発・・・14:05到着予定。
とりあえず定刻通り、バスは出発。
目的地は終点じゃなかったので、寝ないように頑張ったんだけど・・・

ウェールズ①カーディフ20171001 (1)
さよならイングランド、こんにちはウェールズ的なね・・・
事前情報で何とかってお城が見える、ってことだったんだけれど、お城なんてどこにも見えませんでしたよ?(T_T)?
ムム・・・

ちなみにこの橋を渡った時、驚くなかれ、

既に到着予定時間の14:05なんて過ぎていた。


まぁ・・・宿バス停からかなり近い所に取ったし遅くなっても良いさ・・・
途中渋滞していたからね・・・仕方ない仕方ない。

・・・そして17時過ぎ。

予定時間の倍近くかかり、カーディフ到着☆


・・・うん。
無事着いたから良いよ。

カーディフは首都ながらとっても小さな街。
基本的にどこのホテル予約しても近いことになるんじゃなかろうか・・・

とはいえ、私が泊まったホテルは歩行者天国・ショッピング街ド真ん中☆
そして着いた日が土曜日ということもあり・・・

一晩中うるさくて眠れなかった(T_T)


夜中も安全・そして中心地ド真ん中☆
が全てではないと、今更悟ったよ・・・


さてさて・・・そんなウェールズの首都カーディフさんですが・・・

見所はとっても少ない。


まぁ、ここに来た目的は別にあったから良いんだけどね、やっぱり1日は観光に繰り出してみないと。

ウェールズ①カーディフ20171001 (4)
ホテルがあるショッピング街。
街の中心。

何だろうな・・・
花の飾り方にセンスを感じられない・・・

・・・なんて評価できるほど私芸術理解できていないんだけど(T_T)
・・・これ、ロンドンの美術館巡りで悟ったことね。

ウェールズ①カーディフ20171001 (5)
裏道は可愛い・・・新しいタイプ・・・って・・・
100%裏道と言わないだろうけど。

ウェールズ①カーディフ20171001 (6)
こんなんだったりね。
うーん・・・これは正当な裏道だろうか・・・
そもそも正当な裏道って何ぞや?って話だけれど。

ウェールズ①カーディフ20171001 (7)
こちらは街中にあった教会。
屋根の苔生し感が良い感じです。

ウェールズ①カーディフ20171001 (8)
中。
この日は日曜日だったので、丁度ミサが終わって皆様クッキー食べながら談話していた・・・
別にクッキー好きじゃないので早々に退去。
これがお煎餅だったらなぁ・・・( ̄▽ ̄)

セントラルから歩いて10分もしない場所に、カーディフと言えば、の観光スポット、「カーディフ城」がございます。

ウェールズ①カーディフ20171001 (9)
ここね。
ちなみに長距離バスターミナルはこの写真の右側にございます。

ウェールズ①カーディフ20171001 (10)
ウェールズは茶色や灰色のイメージが強く、途中で見てきたお城や遺跡っぽいものもそんなものばかりだったけれど、時計がカラフルで可愛い(゚∀゚)

ウェールズ①カーディフ20171001 (11)
入口。
・・・例のごとく、曲がっていらっしゃるお写真さん。
日本語でも「ようこそ」って書いてあったよ~ヽ(´∀`)ノ

これに関しては100%私の腕が悪いがために、「ようこそ」の文字が読みとれない写真となっておりますが。


ウェールズ①カーディフ20171001 (12)
中。
結構広い・・・ゆっくり見て回るにはちょっとお高い値段だったので今回は入らず。
ここに来た目的お城じゃないし・・・

ウェールズ①カーディフ20171001 (13)
てか、この光景が見られれば結構満足。
ちなみに、こちらのお城は12世紀にフランスからやってきたノルマン人によって建てられた要塞らしい。
カーディフ自体の歴史は西暦元年のローマ帝国から始まったらしいけれど。
すごいなローマ帝国・・・

ウェールズといえば「赤い竜」
国・民族を象徴していて、古くはローマ帝国の軍旗にまで遡るらしいけれど、詳しく知りたい人は「ブリタニア列王史」を読んでみてね☆
これは伝承だけれど・・・

ウェールズ①カーディフ20171001 (14)
なので、当然お店には赤い竜達が・・・

か・・・可愛い・・・
そしてね・・・

手触りがふわふわのもわもわのふかふか過ぎてずっと触っていたかった・・・


欲しかった・・・欲しかった・・・これ。

散々お土産を避けてきておいて、「コレ超欲しいっ(゚∀゚)」と感じたものがまさかのぬいぐるみ。

しかも恐らく似たようなもの、日本でも買える。

この精神年齢の幼さ・・・色々と残念です。

ウェールズ①カーディフ20171001 (15)
ミレニアムスタジアム。
サッカーとかラグビーとか結構行われるらしい。
有名らしいよ・・・へー・・・

何を隠そうスポーツ関連は「疎い」所か「無知」なので、ここにも行こうと思って行ったのではなく、実は通りがかっただけだったり・・・

・・・こんなところでしょうか。
いや・・・本当に何もないな・・・

そしてホテルの近くのスーパーで。

ウェールズ①カーディフ20171001 (16)
この旅初めての「お寿司」を買ってみた。
2パックで2£。
安いっっ(゚∀゚)
1パックだと1.4£だった・・・

クオリティ期待していなかったけれど、ご飯だし~と思って。
これがねー・・・

何と期待以上に不味かった・・・


「美味しくないだろうなー」の底辺を、更に突っ切る「不味さ」だった・・・
普段私「不味い」って言葉使わないんだけれど・・・

「美味しくない」レベルじゃなかったの・・・


日本人なら衝撃を受けるお寿司でございました。
・・・食べたけどね。

ウェールズ①カーディフ20171001 (17)
こっちのエビマヨサンドイッチはまぁまぁ・・・マシかな。
自炊できないホテルだったから買って食べたけど・・・
ということで、この後泊まるホテルは全て「自炊できること」前提で探したよ・・・

自炊って・・・
お金だけの問題じゃないんだなぁ、と痛感しました。


むしろ何故こんなご飯になるんだろう・・・失礼ながら・・・謎だ

ではでは~。

今日はここまで☆

読んでいただきありがとうございましたっ


----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいですヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑



スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 世界一周世界遺産ヨーロッパイギリス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Misakichi

Author:Misakichi
みさきち。←友達がつけてくれたあだ名で重宝
スペック:看護師、CRC
体力ないくせに好奇心と食欲は旺盛。
趣味:旅 料理 読書
2017.3.30渡航→フィリピンで8週間英語勉強→アジア~西回りで世界一周予定

詳細プロフィール
Author:<%author_name>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR