fc2ブログ
2023年11月 ≪ 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ 2024年01月
2017-06-29(Thu)

タイからミャンマーへ、バスでの国境越え・・・超絶ハードな国境越えだった・・・

☆ルート☆フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー

【Thai-land → Myanmar】

8ヶ国目→9ヶ国目☆タイ→ミャンマー

2017.6.25→26

タイ→ミャンマー国境越え

バンコク(恐らくチェンマイからも)→ミャンマーへの移動は・・・

①バンコク→国境付近のメーソート(タイ側)へ
②メーソート→ミャワディ(ミャンマー側)へ徒歩で国境越え
③ミャワディ→ミャンマーの各地へ


の3経路を踏む必要がある。

この・・・
国境越えが・・・
というより、③が・・・

今までの中で一番過酷だった・・・(T_T)

①バンコク→メーソート

まずバスチケットを購入。
タイ③20170621 (8)

バンコクのBangkok Bus Terminal(Chatuchak)からバスは出るので、ここの窓口でチケットを購入☆

(バスターミナルへの行き方は、下記記事参照、バス停一緒なので・・・)
バンコクから日帰り自力でアユタヤへ。

タイ③20170621 (9)_LI
メーソート行きのバスチケットは、外側の26番窓口。
朝出て夜メーソートに着くバスと夜出て朝着くバスがあるとのことで、夜出て朝着くものを選択。
値段で何が違うのか聞いたら、席の大きさが違うだけだとのこと。(窓口の人、かなり片言英語なので真実か否かは不明)
一番安い297バーツを選択(974円)。

チケットを購入したら、市内まではお隣のローカルバスターミナルから、バスで戻れます。
ちなみに、最寄り駅のmo chit駅までは、6.5バーツ。

タイ③20170621 (10)
ただしいつ出発するのか不明な上に、クーラー無し。
運転席の上に扇風機が付いていたので、運転席の後ろをキープ。

運転手さんはバケツに大量に入った氷を持ち込み、それにペットボトルの水を入れていた・・・大変だなぁ
(バンコクのバスは乗り込んで発車してから、切符交付専門の人にお金を払います)

当日は22:00発のバスで、21:30~乗車可。
色々あって、タクシー使ったらかなり割高になっちゃったけど

DSC02722.jpg
実際乗ったバスがコレ。
2階建てなんてちょっとワクワク♪

DSC02724.jpg
思い切り椅子を倒せるように、後ろに誰もいない、階段前の席を選択していたんだけど・・・
残念ながら満車でいつものように2席占有はできず

まぁ、女の人だったから良しとしよう。
*バンコクで乗らずとも、途中のバスステーションで人が乗ってきます。チケットの購入は念のため早めが良いかも

この女の人・・・私が途中の休憩地点で降車するとき、席から立たない・後ろに下がらないで前屈みになるの・・・
つまり私は、この人の背中と椅子の背もたれの間をうまく通り抜けるしかないわけ・・・


何コレ、初めての体験だよ・・・ヽ( ̄д ̄)ノ

タイではコレが普通??

靴座席に付けないようにするのが大変だった

朝7:40頃、メーソートに到着。

②メーソート→ミャワディ国境越え

informationで国境までの行き方を聞くと、7㎞位離れているため、バイクタクシーが良いとのこと。
人1人60バーツ。
大荷物1つ20バーツ。

お馴染みヘルメットなし(運転手はあり)バイクで国境まで行ってもらう。

時刻8:30。

DSC02725.jpg
タイのボーダー。
ここで出国スタンプを貰ったら、ミャンマーへは歩いて行きます。

DSC02726.jpg
国境には川が流れているので、この橋を渡っていく。

DSC02727.jpg
写真左下はタイ、写真真ん中上はミャンマー。
だけどこの川・・・普通に船で渡ってる人いるけどまさか不法入国じゃないよね??

DSC02728.jpg
こんにちはミャンマー。

ここからがミャワディ。

③ミャワディ→ミャンマーの各地へ

ミャワディに着いてすぐ、ヤンゴン?って声掛けられた。
バスチケットを売っているお店はたくさんあったけど、大体相場13000~15000ミャンマーチャットと事前情報があったので、それによってバスを決めようと思った。
両替所もあったけど、銀行は開いてない。

両替するとき、何だか誤魔化されそうな様子だったので、さもレートを確認してます風に携帯を開いて計算機を叩く。

実際オフラインじゃ使えないんだけどね☆

最初バス代15000ミャンマーチャットと言われたので、10000にしてとこっちも言ってみる。
結局13000チャットに。

ま、いっか。
バンじゃなくてバスで、2席使えるっぽいし。

聞くとヤンゴンまではバスで10時間。(400㎞位だけどね)
9:30発のバスで、遅くても20:00には着くとのこと。

いいですか・・・??

9:30発。
ヤンゴンまで10時間。
遅くても20:00着。


確かに確認しました。
そしてチケットにもちゃんと9:30発と書かれていました。

そう・・・
確認してから購入したのです。

タイとの時差が30分あり、時刻8:30。
バス乗り場までは声を掛けてきた人が連れて行ってくれて、おまけに朝ご飯を買える場所までも連れて行ってくれた。

・・・正直、全くお腹が空いていなくて、そしてミャンマーの明らかに食欲をそそらない料理に、タイで食料調達をしてこなかったことに後悔しつつ

DSC02732.jpg
これだけ購入。
計700チャット(58円)。

このお菓子(ポテチとウェハース)・・・
(ポテチはともかくウェハースは普通のお菓子会社製造のお菓子なのに)まさかの不味さに大ダメージくらったよ・・・

DSC02730.jpg
ミャワディにある学校。

ビックリしたのが・・・

午前9:00。

突然、全員の動きがピタリと止まった。


歩いている途中の人は、歩いているそのままの格好で。

車も停車し、横断中の人は横断途中で停止。

そして始まる大合唱。

合唱しているのは学校の生徒達。

何の宗教??と言いたいとこだけど、恐らく仏教の何か。

いや、仏教なのでれっきとした宗教ですが。

調べたけど分かんなかった・・・

後でアレは何だったの?って聞いたけど、英語で説明できる人誰もいなくて結局何だか分かんなかった・・・

9:30。

バスにエンジンが掛かる・・・そして。

ここから大量の荷物積みが始まる。
その時間、約40分。

その間ずっと、チケット会社の人は「few minutes」を連発していた。

10:10乗車。

が・・・

どうしたことか、一向にバスは発車しない

私は不安だった・・・7:30に着く、遅くても20:00と言ってたけど・・・本当に着くの?

ホテルのチェックインタイムは22時、と、サイトに書いてあった。
バスステーションから宿までは、21㎞もある・・・時間が時間なのでタクシーを使おうとは思っていたけど、それでも間に合うか・・・

更に・・・

ミャワディの街。
DSC02729.jpg
今までに東南アジアを回って、衛生的でない光景は山程見てきた。
だけど・・・

何故だろう・・・

どうしても早くこの場所から離れたかった。

実は日本では元々はどちらかというと潔癖な気もあったんだけど・・・
旅先では「その土地を知りたい」感覚だったから、全然その気は出てなかったのね・・・

だからたぶん、この時には徴候が出ていたんだと思う・・・とにかく早く、清潔なベッドで休むべしという徴候が。

DSC02731.jpg
ちなみにバスはこんな感じでかなり古い。
だけど1人2席は使える・・・

10:30
全くバスが出る気配がなく、運転手に身振り手振りに数字を紙に書いたりもして、20:00までに着くよね?と尋ねる。

と。

「100%着かないよ」

((((;゚Д゚)))))))

絶望的な答えが返ってきた。


運転手さん曰く、ヤンゴンまでは11時間掛かる、と。

11時間・・・つまり、22:30出発して、21:30着。

・・・だけど、許容範囲内だろう。

だけど・・・

何故バスが発車しない???

あいにく運転手さんはほとんど英語が話せなかったため、バスから降りてオフィスの人に聞く・・・。

答えは「few minutes」

またか・・・
オフィスのチケット手配していた人もそんなに英語が話せるわけではなく、だけどこのときの私は「まぁ、仕方ない、こんなこともあるよね」となれなくて、イライラしていた。

バスに戻り、初めから唯一英語が片言話せたおじさんに訴える。

と・・・
客が集まらないと発車しない。
この会社のボスはヤンゴンにいて何言っても無駄だ、と言われる。

だってチケット買う時チェックイン間に合わなくならないように、ちゃんと確認したから買ったんだよ、と訴える。

おじさん、笑いながらホテルに連絡してくれて、ホテルの人に話してくれた・・・結果、24時間人はいるから大丈夫とのこと。

だけど夜中に着くのは心配だー、分かってたらチケットここで買わなかったのに、とか、うだうだ言ってたら・・・

バス会社の人だと思っていたおじさん、ただのお客さんだったことが判明ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

この日一番のショックだったよ。

だってオフィス行ったときからオフィスで従業員と動いていたし、バスの積み荷もやってたし、何なら私のチケットの確認この人がしてたからね。

知らなかった・・・I'm so sorry....と謝り、オフィスの人にまた言いに行こうと思ったら、
「youが出発したいなら今出発しよう」とかおじさんが言い出し、その30秒後

10:50
新たな客が乗ることなく、バス出発。

もう意味が分かりませんヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

だけどバスが発車したから良しとしよう。

この後も全く良しとできなかったんだけど。


ミャンマーの道はものすごく悪路と聞いていたけど・・・

悪路も悪路。超悪路だった。

特に前半の「バゴー」辺りまでは、舗装されていない細い道を走るので、とにかく揺れる。
例えるなら工事中のボコボコした道路とか、ちょっと秘境の温泉に行く過程で出てくる山道とか・・・そんな道をひたすら走る。

酔い止め必須

だけど私は、とにかく眠かったので、横になってお休みタイム。

途中途中村によってお手洗いには行ったけど・・・何かを買う気にはなれなかった。

だけど・・・

バスにして良かったなぁ、と思ったのが・・・
DSC02733.jpg
こんな家を見られたこと。

これ、初め段ボールで作られている家かと思った・・・ヽ( ̄д ̄;)

DSC02735.jpg
近くの村でもたくさんこんな家を見かけたんだけど・・・

たぶんこれ、木の皮で出来た家です。

初めて見た(゚∀゚)

これ見られただけで、バスにした価値あったなぁ、と思った

それからも18時位まで寝て・・・MAPS.MEで現在地を確認してみると・・・

何とまだ半分にも到達していない。

それもそのはず。

休憩時間、30分~1時間に1回あり。
1回の休憩時間15分~40分位。


だけどこの時点で・・・イライラが停まった。

正確にはイライラする余裕がなくなった、というのだけれど。

旅中、遅延があっても、出発時間が遅れても、こういう生活があるんだなぁ、って捉えていたみさきち。

だけど何で今回こんなにイライラしてしまったのか。

「・・・あー、たぶん熱出るなぁ」
↑コレ。

この時点で悟ったコレ。
イライラしてしまったのは(特にスタッフだと勘違いしていたお客さんに)申し訳ないし、何の言い訳にもならないんだけどね

そして・・・

この時点でミャンマーに来た最大の目的である、「バガン遺跡」行きを諦めた。

・・・何しに来たんでしょうね、私。
ビザも高かったのに・・・ショック( ノД`)

食欲はなかったけど、何か食べよう、と、レストランを見るが、全く食べる気にならず。
DSC02740.jpg
ブドウとスナック菓子(カレー味)を購入。

このブドウがまた・・・

今まで食べたブドウの中で一番美味しくなかった(T_T)

タイワインの味気無さの理由を垣間見た気がした・・・

そしてバスは走る・・・最早今自分がどこにいるのか分からず、とにかく冷房が超絶効いている社内でひたすら厚着して暖を取る。

6/27 2:00

ヤンゴン到着。

実にミャワディから15時間半の道のりだった(バンコク出てから換算すると、途中の国境越え等も入れて28時間)。

バスを降りるとタクシードライバーが群がってきた。

一応、いくらか聞くと「20000チャット」と。

話にならない。

しかもヤンゴンのタクシーにはメーターがない

頭がボーっとしている中、「相場は10000位のはずだ」(事前情報だけどうろ覚え)と言うと、

「深夜価格だ」と。

それでも20000はおかしいという話をし・・・

結局13000になったのでOKとした(1,074円)、宿まで21㎞。

そしてここで・・・

何故かタクシードライバーの友人も一緒に乗せていくという。

どうやら目的地が近くらしい・・・

・・・ま、いっか。
深く考えずに承諾し、後ろの席から助手席に座り直す。

マスクしててボーッとしているのに、色々と話掛けてくるドライバー。
まぁ、いいや。

80㎞位出して飛ばしてくれたし。

ホテル近くで、後ろの席で爆睡していたドライバーの友人を降ろし・・・
友人からは恐らく5000チャット貰っていた。
値段の安さに軽く心の中で突っ込んだ後、目的地ほとんど一緒なんだから追加料金取らないであげれば良いのに、と思った。

ホテルに着いたのは2:40だったけど、従業員さんは優しかった。

とりあえずシャワーを、という時間では当然なかったので、早々に寝た。

・・・翌朝、見事に熱が出たんだけど。

それはまたミャンマー編で~。

☆おまけ☆
ミャワディからは、結構色々な都市へバスが出ていて、バガンへ直接行く、とか、インレー湖近くのタウンジーに行くのも(乗り換えは必要かもしれないけど)できると思う。
宿を直接突撃で探すタイプの人は、直接そっちに向かっても良いと思う。
ただし、恐らくバゴー位までは同じ道を走ります。


ではでは~。

今日はここまで☆
読んでいただきありがとうございましたっ


----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいです~ヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓

にほんブログ村
↑↑



スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Misakichi

Author:Misakichi
みさきち。←友達がつけてくれたあだ名で重宝
スペック:看護師、CRC
体力ないくせに好奇心と食欲は旺盛。
趣味:旅 料理 読書
2017.3.30渡航→フィリピンで8週間英語勉強→アジア~西回りで世界一周予定

詳細プロフィール
Author:<%author_name>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR