FC2ブログ
2018年04月 ≪ 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ 2018年06月
2018-05-30(Wed)

硬水と軟水の違い。単に紅茶を入れる際の雑学の1つです。

水には硬度があって、カルシウムとマグネシウムの含有量によって「軟水」か「硬水」かが分かれます。

【WHOが定める基準】
硬度120g以上が『硬水』
120g以下が『軟水』

【日本の指標】
硬度100g以上が『硬水』
硬度100g以下が『軟水』

となります。
特徴としては・・・

【軟水】
東南アジアやオーストラリアは軟水の地域が多い。
日本はこっち。
口当たりが軽い。

【硬水】
ヨーロッパのほとんどの国。カナダ等。
口当たりが重い。

ちなみに、アメリカは地域によってかなり違います。
また、ヨーロッパでも・・・

例えばスペインは、首都のマドリードは軟水ですが、それ以外は硬水、等の違いがあります。

よく日本人が海外にいったとき、水でお腹が緩くなる、と聞きますが、不潔だからではなく、恐らくマグネシウムが多いから。
もちろん地域によっては水の管理が良くなく、雑菌がいるためにお腹を壊すこともあります。

だけれど硬水=軟水より身体に悪い、ということではないので、あしからず(=゚ω゚)ノ=3=3=3

さてさて・・・何故この話題を出したかと言うと・・・

世界一周中、私はよく紅茶を飲んでいました。
理由は単純明快。
好きだからです。

だけれどヨーロッパに入ってから、茶葉の色が濃くなったことに気付いていました。
元々ストレートが好きなので、「濃いな~、まぁホステルでフリーで提供している紅茶だから安物だろう」失礼極まりないことを思いつつ飲んでいたのですが・・・

これはどうやら、ミルクティーを前提にした茶葉らしいです。

欧州ではストレートよりミルクティーが好まれる、とは耳にするけれど、確かに日本で売っている茶葉より色が濃く香りも強めなので、ミルクティーで飲んでみたらミルクが紅茶の香りを引き立てて、かつ薄くならずまろやかになる

ミルクティーは正直嫌いだった私ですが、ヨーロッパではミルクティーの美味しさに嵌まりました。

あ、ミルクティーを作る際は、ミルクを先にコップに入れてくださいね~。
熱湯にミルクを入れると分離するから。

そして・・・ここで、「水」の話に繋がります。

日本の軟水は、そのままティーパックを入れっぱなしにしておくと、どんどん渋みが出てきます。
だけれど硬水は、この渋みの抽出を抑える働きをしてくれるんです。

なので色が濃い紅茶をちょっと長くつけておいても特には大丈夫。

もちろんストレートで飲むほうが美味しいんじゃ・・・という茶葉もあります☆

だけれど欧州の人がグビグビ飲むティーパック紅茶(実は欧州では、すぐ飲めるティーパックが主流です)は、香りが強いものが多いので、ミルクティーがお勧めかもしれない・・・
ミルクティーを入れると香りが化けますヽ(´∀`)ノ

そんなことを言いつつ、毎朝飲むものは大抵コーヒーですが

そしてそんなことを言いつつ、紅茶の知識にメチャクチャ明るいわけでもないのですが。

単に何でも美味しく飲めれば良い。
ただそれだけの話ですヽ(´∀`)ノ

ではまた~。






Powered by FC2 Blog

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
スポンサーサイト



2018-05-25(Fri)

海外生活始めてみました。

いきなりですが・・・
【海外生活始めました】

世界一周ブログ村から抜けたので、たぶん本当に私と割りと面識ある人しかもうこのブログは見ないだろ~と踏んで、好き勝手書くことにします。

完全日記みたいな感じで海外生活役立ち情報とかが載っているわけではないので、何かしらの情報を求めて来られた方はお引き取り頂きたく存じます・・・

ともすれば、半分は、たまに現状報告して~というご要望をちらほら友人知人達からいただいたことに基づくのですが・・・ヽ( ̄  ̄)ノ
思っていた以上にブログを読んでくれていた人達がいて、ありがたいな、と。
自分が恵まれていることに改めて感謝しました・・・しています(゚∀゚≡゚∀゚)

ふら~と惰弱に流されていた旅を終え、仕事しながら、色々と相談&情報収集しつつ、もしかしたら今までで一番今後の方向性について真剣に考えたかもしれない3ヶ月ちょいの日本生活を終え・・・

周りの皆々様のおかげで、割とはっきり方向性が定まったところで・・・

【海外生活始めました】
↑コレ。

海外生活自体は「やりたかったこと」というより、「やり残したこと」の回収なので、実は副次的な目的

日本にいると仕事をせずにはいられない自分の性格をいい加減理解できたことと、日本にいると全く英語の勉強をしなくなる自分の性質を改めて認識したところで、自分が目標と定めるところまで、英語力を高めるべく渡航。

とはいえ。

現実問題無い袖は振れない
ので、大学ではなく超安い語学学校に通うことに。

しかも1日3時間コース(゚∀゚)。
短っっ
おかげで1日10時間位寝ているよ。

・・・
・・・・・・
・・・何て理想的な生活(゚∀゚)!!

加えて。

いい加減自分の集中力と持続力の欠落具合にも気付いておりますので・・・

短期決戦でいくことにした。

そしてその結果が・・・

ちょっと良いお値段するところに一人暮らしを始めてみちゃった(ノ´▽`*)b☆

今までも、そしてこれから先も、一人暮らしでこれだけのお値段する家に住むことはないでしょう。
何件か内見したけど駅から徒歩圏内で、学校まで乗り換えなしで行けて、街の雰囲気が一番良いとこにしちゃった~☆

・・・
・・・・・・
・・・そのお金を何故勉強につぎ込まない!?
という突っ込みは受け付けませんヽ( ̄□ ̄)ノ

ちなみに最近の日課は近所の車屋さんに売っている、日本円で3億円するスポーツカーを眺めること。
こないだ1億5千万円位の車が売れていたけれど、世の中には色んな人がいるんだなぁ、と思ったね。

・・・我ながら何しているんでしょうね。

お家はシェアハウスではなく完全一人暮らしです。
やっぱり「生活」となると、キッチンとシャワーが専用というものは良いものです・・・

・毎日たっぷり睡眠
・好きなものを好きなだけ食べる(これは趣味の料理に付随しているだけだけど)
・You tubeで毎日とある連続物を見始めた

こんな生活を送っております。

・・・大変です。
引きこもり街道まっしぐら☆です。

本当に何しに海外に来たのでしょう?

・・・これでも毎日授業の終わりに「今日こそ勉強ちゃんとしなきゃ」という危機感には立たされるんだよ?
家に帰ると「土日に纏めて復習しよう」ってなるだけで。

そんな感じの緩~い生活を送っております。

ちなみに今のところ生活する上で困っていることは

⇒洗濯機がうまく使えない。
これ1つです。

同じドラム缶洗濯機に見えるのに何が違うのー?
「INPESIT」っていう会社のー。
誰か教えてー(T_T)

最初大家さんに教えてもらった通りにセットして使ったら、3時間もかかりました

次に回転スピード下げたり温度調整したりしたんだけれど、1時間30分かかりました

「WASH CYCLE」っていうのが1~14まであるので、これを1にしてみたんだけれど、それでも1時間30分かかります

布、傷むじゃん・・・(T_T)

極めつけは、大家さんも分からない、そうです。

そして更に意味不明なのが、「Spin」ってただひたすら回転する動作
洗う→濯ぐ→リンス→スピン(排水後、一方向にひたすら回る回る・・・)→脱水

・・・Spinって何さっ((((;゚Д゚)))))))!?


日本だと「洗う」「濯ぐ」「リンス」「脱水」とか、選べる機能があると思うんだけど、個別の機能・・・
「Rinse」「Spin+Drain」の2択。
「リンス」オンリーか、「回転+脱水」の2択。

なんでっっヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3???


とはいえ、旅中のような基本手洗い生活に戻る気はさらさらないので、しばらくはこの洗濯機と格闘しようと思います。
・・・結果「諦める」ことになる予感満載ですが。

そんなこんなでしばらくはまた日本にいません。

あ、質問、ご意見等は個別に承っております☆
個別LINE等 or こちらのブログからのメッセージでお願いいたします☆

洗濯機の使い方解説は絶賛募集中です(゚∀゚)


ではまた~ヽ(´∀`)ノ
また気が向いた時にアップするかもしれませんが、完全なる個人日記なのであしからず~







Powered by FC2 Blog

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
2018-05-10(Thu)

治安注意!海外で注意すること!!

書くつもりのなかった『治安』について。
中南米を回っている友達数人が、立て続けに被害に遭っているので、今回、この記事を書くことにしました。

私の被害はペルーとボリビアの国境で盗まれた『携帯電話』だけでしたが、

①パスポート含め、全ての貴重品を盗られた人
②暴力沙汰、あるいはナイフ等で脅しに遭い、貴重品を盗られた人

私の知り合いだけでも5,6人程被害に遭っております
携帯電話だけで済んだ私なんて、本当に可愛いものです・・・

②に関しては、男女関係なく、共通して昼間に被害に遭われています。
(皆基本的に夜は出歩かないため必然的に昼間となっただけで、夜はもっと危険かと思います)

①②、全ての被害者が旅慣れしている人、かつ、中南米で起きています。

とはいえ。
ツアーで海外に行った人からは、ヨーロッパやアジアでも被害に遭った話を聞いているので・・・
下記に注意事項を纏めます。
特に中南米を旅する人は、参考にしていただけますと幸いです。

~海外旅行で注意すること&私はこうして歩いたよ!~

~初級~
ツアー利用者やヨーロッパや北米、オセアニア等に行く人も、これだけは実施して!

☆街歩き☆

【バック】
少しくらいボロボロの、安いショルダーバックか腰ポーチがお勧め。
ショルダーはファスナーが完全に閉まるもので、前に下げて歩くこと!!

→ブランド物→お金持っている = カモに思われます!
リュック→後ろから開けられる、最悪切られます→勝手は良いので、盗まれても良い飲み物や羽織り物を入れておくのはお勧め

*貴重品は、腰ポーチに入れて服の中に隠すと良いかも。
私はパスポート、カード類、お札、を入れて、ドミトリーのホステルで寝るときや移動バスの中でも外さず持っていました。

【観光地を歩くコツ】
・人通りの少ない場所は避ける
・夜の一人歩きは避ける(街の中心地で栄えている場所は臨機応変に)
・人込みや観光地には、スリがたくさん・・・絶対持ち物から目を離さない!
・お金はこまめに分けておく(私はやらなかったけど)

~中級~

自力でヨーロッパや北米、オセアニア等に行く人や、ツアーでもアジアや中南米に行く人

☆街歩き☆

【身に着けるもの】
バックは、初級に同じ。
できれば時計やアクセサリーも、一目で安いと分かるものを身に着けて。

【観光地を歩くコツ】
初級に同じ。
他・・・
・話しかけてくる人はとにかく疑う!!
→切符買うのに教えてくれる人がいる→チップを要求される
→親切な人もいますが、アジアは言わずもがな、ヨーロッパでもこれ、とっても多いです。
対処としては・・・
①(何かあっても殴られたりしないように)必ず周りに人がいることを確認する。その上で・・・

・初めから駅員さんに聞くか、お金ない、と伝える。or
・怖いですが、きっぱり断りましょう。しつこければ、小銭を出して、これしかない、でもOK。

道が分からないとき・・・
・携帯電話に、予めMAPS.MEアプリを入れて、目的地を登録しておく→GPS機能でオフラインでもナビの使用可能
(Googleアプリでもできるそうです)
・ホテルやインフォメーションで、地図を貰う

基本的に、最近はスマホの普及で周りの地元の人達がスマホを使っていたらスマホを見ながら歩いても大丈夫
だけど横からくすねる人もいるみたいだから、絶対手から離さないようにしてね!

*私は道を聞くときは警察官か、高齢者、家族連れの人達や女性に聞いていました。

~上級~
自力でアジアや中南米に行く人・・・特に中南米!!

☆街歩き☆

【身に着けるもの】
バックは、初級に同じ。
時計やアクセサリーは、アジアでは一目で安いと分かるものを身に着けて、中南米ではむしろ身に付けないか、ボロボロを極めたようなものを付けて歩く。

→ブランド物→私を狙って☆と言っているようなものです。

*貴重品は、アジアなら腰ポーチに入れて服の中に隠す。
が・・・

中南米では、腰ポーチも出せ、と脅されるので、腰ポーチには少しのフェイクのお金を入れておく人が多いようです。
また、欧米人は靴の中にお金を隠し、それを現地人は知っているので、靴の中もNG

お勧めは超超薄い腰ポーチに本当の貴重品だけ入れて、胸元、背中側にポーチが来るように身に着けること、その際フェイクの腰ポーチも身に着けておいて、更にリュックを背負っておくと尚OK。

【観光地を歩くコツ】
・夜の一人歩きは絶対禁止!!!
・持ち物から目を離す = もう2度と戻ってこないと考える。
・携帯やカメラを、見えるところに出して歩かない!→目を付けられます
・人込みで警察官がいても現地人が多い場所は注意!(最悪、警察官が盗みます)

私は・・・こうして歩きました。

①道が分からないとき・・・
紙に予め、簡易的で良いので地図を描いておき、その地図を見せて道を聞く。
(目的地の名称と住所、電話番号は必須、他、近くにある大きな公園や教会等の名前も書いておいて聞く)

②観光地を歩くとき・・・
・カメラはカバンからさっと出して、さっと撮り、さっとしまう。
→中南米街歩きの基本。
・なるべく人通り、特に観光客が多い場所を歩く(欧米人等、カメラを携えている人達が多い場所)

③街歩きのときは・・・
・絶対裏道に入らない。
・なるべく人に道を聞きつつ歩く(常に自分が困っている風を装うことで、かなり周りの対応が変わります。これは中南米に限らずですが・・・経験より)
・道を歩くときに、現地の安いパン等を齧りながら歩く・・・旅人ではなく、現地に住んでいる風を装う、ということですね。

④人通りが少ない場所では↓↓
・半径10m以内に人が入ってこないか常に警戒。
・10m以内に人がいた場合、その距離を縮めないよう注意。
・見通しの良い、万が一のときの逃げ道を探しつつ歩く。
・女の子の集団や小さい子ども連れの家族にくっついて歩く。


あと、タクシーはどこに連れていかれるか分からないのとぼったくりの危険性を危惧して、
なるべく使用せず、敢えて地元の人が利用するバスを利用しました。
基本的にちゃんとお釣りも返してくれます・・・10円とかだけど。
そして目的地を予め伝えておけば、周りのお客さんやバスの運転手さん等がここだよ、と教えてくれます

あとは長距離バス
乗客ほぼ全員、寝ている間に貴重品を盗まれたという話は有名。
ナイフで脅されるパターンもあると思うので、それ用に用意した現金を腰ポーチから出して渡す、とか。対策は必要だと思う。

そして、何があっても忘れてはいけないことは・・・
常に笑顔と現地の言葉での「ありがとう」。

また、危ない目に遭ったり、盗まれたりしたら、それを敢えて周りの人に伝えたりしていました。
中南米では、困った時に携帯(と、時にはお金も、と嘘をついてしまった・・・)を盗まれたこと、を、伝えることで、逆に周りの人達が助けてくれたかな・・・人の良心に付け入るような形で正直罪悪感も沸いたけれど・・・

こんなところでしょうか。

最後に・・・

盗む人達は何でそんなことするの?


→これは、日本人の常識で捉えないこと。
盗むことは、『生きるため』。

葉っぱとか買っちゃう人も多いみたいだけど、こればかりは『そういう国』なんです。

私達がそういう国だと知っていて、立ち入っている、と、私は思いつつ旅をしていました。

だからこそ、自分の身は自分で守るべき。

暴力については、本当に腹が立ちます。
例えそれが資源や産業、国の政策等に基づいているからこそだと、頭では理解できても、やっぱりそれだけはどうしても嫌だ。
だけど、そういうことをしないと生きていけない、と思わざるを得ない、自然にそういう考えに至ってしまう環境に生きている人達がいます。

これは、私も旅で実際にその地に行くまで実感は持てませんでした。
だけど、私達は確実に、彼等からすると「お金を持っている人間」です
そのことを忘れないで、旅してください。

そしてどんな国にも必ず、『親切な人』はいます
困っている人を誰一人として助けない国なんて、絶対にありません。

人は自分を映す鏡と言いますが、言動1つで相手の対応も変わります。

ということで・・・

旅を良きものとなるよう、渡航の際にはくれぐれもご用心ください。
以上!

旅の経験に基づく街歩きの注意でした~。

Powered by FC2 Blog

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
プロフィール

Misakichi

Author:Misakichi
みさきち。←友達がつけてくれたあだ名で重宝
スペック:看護師、CRC
体力ないくせに好奇心と食欲は旺盛。
趣味:旅 料理 読書
2017.3.30渡航→フィリピンで8週間英語勉強→アジア~西回りで世界一周予定

詳細プロフィール
Author:<%author_name>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR