FC2ブログ
2019年05月 ≪ 
123456789101112131415161718192021222324252627282930
 ≫ 2019年07月
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
2017-07-27(Thu)

バクー→トビリシへ、寝台列車で国境越え☆

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー→シンガポール→中国→カザフスタン→キルギスアラブ首長国連邦(ドバイ)→アゼルバイジャン→ジョージア

【Azerbaijan→Georgia】

15ヶ国目→16ヶ国目☆アゼルバイジャン→ジョージア(グルジア)

2017.7.23~24

アゼルバイジャン(バクー)からジョージア(トビリシ)へ、寝台列車で行ってみたよ~。

コーカサス2国目はジョージアへ。
アゼルバイジャンの首都バクーからジョージアの首都トビリシまでは、寝台列車が運行しているので今回は寝台列車を利用することに。

情報によると毎日列車は出ている、とのことだったんだけど・・・

アゼルバイジャン20170722 (3)
28.May 駅の近くにある、セントラルステーションで、前日に切符を購入。
こんな感じで構内は綺麗。

電光掲示板でトビリシまでの電車を確認する・・・と。

何と隔日運行とな

えーーーっ、どうしよう・・・もうトビリシのホテルも予約しちゃったし・・・

トビリシまでの電車チケットが欲しいと窓口で伝えると、「え?今日?」としかめっ面で訊かれる。
「No.No,Tomorrow.」と伝えると、「それならOK」とスタッフの人も笑顔・・・やったやったラッキ~ヽ(´∀`)ノ

アゼルバイジャン20170722 (4)
2等車を購入、23.22マナト(1,521円)。
支払いはカードでも現金でも、どちらでもOK。

お釣りで貰った0.3マナトは、実際は使えないけど記念に取っておいてねみたいなことを言われた・・・
確かに見ない貨幣だけど、事実か否かは不明。
こ・・・コイン作りたくなかったんだけど・・・

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (1)
当日は夜まで暑かったので、冷房の効いたホテルの部屋でブログを書いたり準備したり・・・
そしたらジョージアから来た人にサンドイッチとコーラとコーヒーを頂いてしまった・・・
このコーヒー・・・前日買おうか迷って味分かんなかったから結局買わなかったコーヒーでラッキー
食べなかったお菓子もくれた(゚∀゚)
ついでに新しいミネラルウォーターも・・・
コーカサスの人達って当然のようにこういうことしてくれるの・・・とっても親切(*σ´Д`*)

少し早めに駅に行って・・・28.May駅の傍にある・・・
「世界一大きなKFC」を見にいってみた・・・が・・・

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (7)
何と2週間前に潰れた悲しみ。
この建物は旧ソ時代の鉄道駅で、これ全部ケンタッキーとして使っていたんだって。

残念・・・

ちなみに・・・
アゼルバイジャン→グルジア20170723 (9)
KFCはあっちだよ~という看板が入り口にはあった。

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (10)
セントラルステーションの入り口に移されたのか、それとも前からここにもKFCがあったのかは不明。
ホテルのスタッフさんが、2週間前に潰れて悲しかったよって話してた・・・私も悲しかった・・・
悲しみが深い・・・
↑大学生の従弟から教えてもらった、最近のお気に入りフレーズ。

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (11)
アゼルバイジャンマナトを残したくなかったので、適当に食料購入。
ケバブっぽいものと、ジャガイモのマッシュパンとミートパン。と、
悲しきかな、まさかの魚肉ソーセージのパン。

そうだよね・・・ムスリムだもんね・・・ウィンナーだったら売れないもんね・・・。
(ハムとか売ってはいるけど)

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (14)
待合室はこんな感じ。
冷房完備でパソコンとかもできるようになっていて、電源もあってwi-fiもフリー

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (12)
駅はこんな感じ。
私の電車は21:10発だったので、それまで構内で時間を潰す。
と・・・

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (15)
ホテルのスタッフさんが見送りに来てくれたよヽ(´∀`)ノ
このお菓子もらった・・・ポイプルみたいなお菓子
懐かしい~
旅のお供に・・・何とたっぷりの400g(゚∀゚)

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (16)
私の乗る電車。
この少し古い感じが何とも・・・ものすごーーーーくワクワク。
私が乗ってみたかった列車そのものだ・・・

私のこういう列車旅好きは、思い切りとある小説の影響なんですがね。
3日位乗っていてもいいんだけど・・・

最初メチャクチャ電車内暑かったけど、すぐにクーラーが効いてきて中々快適な空間に。

そして夜景がとっても綺麗だった・・・
アゼルバイジャン→グルジア20170723 (19)

メチャクチャ分かりづらっ((((;゚Д゚)))))))

黄色と白の光だけなんだけどね、横にずーーーっっとその光の帯が続くの。
夜景ポイント、とかで何度も見たことある景色だけど、これがずーーーっと続くのが天の川みたいで綺麗だな~と思ったヽ(´∀`)ノ

写真だと思い切りくすんでますがね。

周りの人達英語話せる人少なかったんだけど、話せる人が「何かあったら言ってね」って言ってくれたり、ジェスチャーでコミュニケーション取ってくれたり、皆優しかったヽ(´∀`)ノ

言葉が通じないことに慣れてきたしね。

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (20)
走り出して1時間位・・・一人ひとりにシーツとタオルと枕カバーが配られた。

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (22)
中はこんな感じ。
3段ある内の一番上は荷物置き場、実は1段目の椅子がパカッて開いて、ここにも荷物を収容できるようになっている。
ちゃんとベッドマットも付いていて、中々快適でした☆

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (23)
反対側はこんな感じ。
普段は真ん中がテーブルになっているんだけど、寝るときはこんな風にベッド型にしてベッドマットを敷いて寝ます。

だけど乗車時1段目は皆が座る場所になっていて、2段目は毛布とかが置いてあるから、実際皆が寝る時間まで寝れないかも・・・って言っても11時前には皆布団敷いてたけど・・・

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (24)
朝6:00。
まだまだ寝て居たかったけど、向かいのおばさんが「Good morning.Good morning. Good mornin.」と、とても楽しそうに話しかけてきたので起床・・・

おかげで旅の間中々見ることができなかったサンライズを見ることはできたけど・・・眠い・・・

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (26)
電車内にいるスタッフさんが皆にチャイを配っていたからフリーだと思ったら、何と有料・・・((((;゚Д゚)))))))

マナト全部使っちゃったので、ドルで支払い・・・2ドル札しかなかったので、2ドル支払ってお釣りは3.5マナト・・・何ということだ・・・

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (27)
途中思い切り線路に入ってきている羊たちや・・・

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (28)
牛なんかも見て・・・

うーーーん、平和な光景だなぁ。
同じような光景なのにアジアと印象が違うのは、たぶん私の偏見のせい。

大草原の小さな家的な・・・ね。
立っている家と住んでいる人が違うだけなのにね・・・

いや、アジアはアジアで好きだけどね~ヽ(´∀`)ノ

7:30、アゼルバイジャンの国境到着。
全員のパスポートを回収され、電車内で出国手続きを受けます。

アゼルバイジャンの出入国スタンプはビザの上に押してくれる。
ビザパスポート1ページ使うからこれは助かる・・・

入国は空路だったから飛行機マーク、出国は電車だったから電車マークだった~・・・バスだとまた違うのかな??

出国手続き後しばらくして・・・
役人さん達?が乗ってきた・・・
皆の荷物を簡単にチェックしてて、私も簡単なチェックを受ける・・・が。

「アルメニアに行った?」と聞かれ、行ってないと答えると、「じゃあいいよ」と、荷物検査終了。
一応、パスポートも見せたけどね。

やっぱりアルメニアに行ってからの入国(ここは出国だけど)は厳しいのかな??

8:30、ジョージアの国境に到着。
入国審査後、少しだけ外に出られた。

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (32)
うーん、この電車の接続部とか・・・好きですなぁ・・・誰か共感してくれないかなぁ・・・
やっぱりこういう電車って夢がある・・・
だってさ・・・
(ほぼ)ヨーロッパで、寝台ですよっ??
↑あれ??根拠になってない・・・

アゼルバイジャン→グルジア20170723 (31)
国境はこんな感じ。
建っている家がまた可愛らしくて良い味出しております。

10時過ぎに電車はトビリシに到着。
付いてすぐにタクシードライバーが声をかけてくるけど高額を吹っかけてくるので注意してね
3㎞弱先のホテルまで20ラリ(924円)とか言ってくるけど、本当は3~4ラリとかで乗れるからねっ

私は相場が分からなかったので歩いてしまった・・・
だけど景色がとっても良かったから結果的にOKヽ(´∀`)ノ

ちなみに・・・
トビリシ駅を出てバスロータリーを抜けた先に両替所がいくつかあります。
アゼルバイジャンマナトはコインもここで両替してもらえるよヽ(´∀`)ノ

両替してくれたおじさんが「サムライー」ってずっと連呼してたけど。

ということで、コーカサス2国目、ジョージア入国です☆

うーん・・・私、もう1回この寝台乗りたいなぁ・・・
あっ、ちなみに、1等車は部屋ごとにドア付きになっているらしいよ~。値段は不明だけど

ではでは~。

今日はここまで☆
読んでいただきありがとうございましたっ

----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいです~ヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓

にほんブログ村
↑↑




Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 世界一周 アゼルバイジャン ジョージア

2017-07-26(Wed)

バクーの世界遺産、旧市街は行くべしポイント!!

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー→シンガポール→中国→カザフスタン→キルギスアラブ首長国連邦(ドバイ)→アゼルバイジャン

【Azerbaijan】

15ヶ国目☆アゼルバイジャン

2017.7.22

アゼルバイジャンのバグーの歴史は支配支配支配の連続だった。
元々はゾロアスター教だったけれど、イラン(サファヴィー朝)→オスマン帝国→ロシア帝国の支配を受けてきた国。
なので現在はイスラム教徒が多い。

旧市街はゾロアスター教時代(シルヴァン朝・・・というらしい。この王朝は初耳・・・なのか、単に忘れているのか・・・)から存在していたけれど、その後様々な文化の影響を受けてきたため、歴史的な背景が凝縮された街になる。

私がバクーに来たいと思った、きっかけの街。

早速地下鉄を利用してGoGo

20170722_174005.jpg
バクー地下鉄路線図。
どこまで乗っても料金は一律。
乗るときにICカードを翳して、降りるときは翳す必要なし。

レッドラインの地下鉄は1967年の旧ソ時代に開業
アゼルバイジャン20170722 (2)
ロシア同様、地下へは深く潜っていく。

当時作られた地下鉄がそのまま使われているので、バスより地下鉄に乗ってみたくて地下鉄を利用してみた。
(バスも地下鉄も料金は一緒)

アゼルバイジャン20170722 (41)
エスカレーターを下った先の地下鉄駅はこんな感じで・・・造りは非常にシンプル。

アゼルバイジャン20170722 (42)
たぶんこれは古い電車。
ちなみに、死者300人近くを出した、1995年のバクー地下鉄火災は、歴史上最も死者が多かった地下鉄火災事故

アゼルバイジャン20170722 (44)
新しいものはこんな感じ。

アゼルバイジャン20170722 (5)
電車内。古いタイプの電車。地下鉄だけど窓を開けて走ります。
つり革がないんだよね~。
古い電車だけどソビエト時代から走っていると思うとワクワクします・・・ロマンってやつだねっ
よく分かんないけどっ

旧市街まで28May駅から1.9㎞なので、歩いて行こうか迷っていたんだけど、その辺に立っているとアゼルバイジャンの人はすぐに声をかけてきてれるの・・・英語通じなくても、ジェスチャーでどこ行きたいの?って聞いてくれる。

旧市街に行きたいってマップを見せると、「付いておいで」ってジェスチャーをされて、てくてく付いて行くことに。
地下鉄乗り場~旧市街のあるレッドラインの終点「Icherisheher駅」まで、ジェスチャーを交えながら案内してくれた。

アゼルバイジャン20170722 (6)
駅を出たらすぐに城壁が迎えてくれた。
ここからも中に入れるんだけど、案内してくれている女性が外側を歩き出したので、付いていく。

アゼルバイジャン20170722 (7)
鳥小屋??

アゼルバイジャン20170722 (9)
綺麗な噴水。写真を撮っている人がたくさんいた・・・
一緒に付いてきてくれているお姉さん、英語話せなかったので、その辺にいる人に英語話せる?って聞いて・・・

何故か英語話せる人に私の写真を撮るように頼んでくれた。

な、何故!?

お姉さんが撮ってくれるんじゃないんだ・・・
不思議・・・

アゼルバイジャン20170722 (12)
旧市街だけじゃなくて、この辺りも綺麗・・・一人だと見逃していたかもしれないので、お姉さんに感謝

アゼルバイジャン20170722 (13)_LI
傾いているもの発見。
何でこういうの好きかな、私・・・
遠くに見えるビルは「炎」を表していて、実際は3棟連なっているんだけど写真撮り忘れた・・・

アゼルバイジャン20170722 (14)
あっちがカスピ海。
時刻は18時前。
まだまだ暑い(T_T)

アゼルバイジャン20170722 (15)
旧市街に入りましたっ
ここここ、ここに来たかったんだよーっ

アゼルバイジャン20170722 (17)
うわーーーーーっ、すごい好きっ、すごく好きっ
何故かスイス大使館はこの中にございます。

アゼルバイジャン20170722 (18) - コピー
うーん・・・
どこを撮っても絵になる。

どこを撮っても似たような絵になる。

やっぱりヨーロッパ風だよね・・・こういう建物好きなんだよー・・・だけど比較的この辺りは新しいかな??

アゼルバイジャン20170722 (19)
絨毯等のお店。お土産屋さんもあるけれど、覗かなかった。

アゼルバイジャン20170722 (20)
裏道と見せかけ、町中の至る所にこういう通路がございます。

アゼルバイジャン20170722 (21)
はぁ・・・幸せだなー。
土曜日だったけど観光客そんなに多くはないかな・・・

アゼルバイジャン20170722 (22)
ここは裏道。
裏地とそうでない通りの区別が難しいですが・・・
なので、
たぶん、裏道。

アゼルバイジャン20170722 (23)
お土産屋さんが並ぶ広い道へ~。

と。
ここでお姉さんとはお別れ。
もう行くね、とジェスチャーをされ、ありがとうと伝える。

そして別れ際、通りすがりの若い人達に、私の案内を引き継いでくれるよう頼んでいくという不思議。

だけど快く引き受けてくれる、アゼルバイジャンの人達。

若い人達・・・の内、一人は英語話せたので、世界遺産「乙女の塔」に行きたいと伝える。
ロシア系美人さんに囲まれ、何だか私、異世界に迷い込んだ子犬・・・いや、むしろドブネズミのよう・・・

最初絶対迷子の子ども的に思われていた・・・学生?とは定番で100%聞かれるから慣れたけど、実年齢を伝えたら足止められてメチャクチャ驚かれた・・・

だけどこの驚きは外観というよりむしろ、仕草の幼さと年齢が比例していないことに付随しているのではないかと思う・・・

100%自分より若い人達に助けてもらう大人。

ちょっと恥ずかしかった・・・

アゼルバイジャン20170722 (24)
このお土産屋さん可愛いっ
お店の前の像、最初一瞬本物のおばあさんかと思った・・・

まぁ、覗いていないのですが・・・

アゼルバイジャン20170722 (25) - コピー
お土産屋さんたくさん。

アゼルバイジャン20170722 (30)
来たよーーっ、世界遺産に登録されている、「乙女の塔」
お姉さん達にありがとうと伝え、ここでお別れ。

乙女の塔はゾロアスター教と言われているけど実際はどうなのかは定かではなかったり・・
複雑な歴史を持つからね・・・

そして近くには・・・

アゼルバイジャン20170722 (27)
こんな感じで・・・

アゼルバイジャン20170722 (28)
これも古いもの達がたくさん。
この辺が「シルヴァンシャー宮殿??」
実はどこがどこだかよく分からなかったんですがね。(シルヴァンシャー宮殿も世界遺産)

アゼルバイジャン20170722 (29)
ああ・・・素敵だなぁ、可愛いなぁ。
歩いているだけでウキウキするなぁ。

本当の旧市街のほうは、観光客が少なかったけど、そっちも歩いてみる。

アゼルバイジャン20170722 (32)_LI
裏道・・・と見せかけ、旧市街はこんな道だらけ。
矢印の窓、半地下になっていて、こういう半地下がある建物がアゼルバイジャンにはたくさんあったよ(゚∀゚)

アゼルバイジャン20170722 (33)
この格子も好き。
古い感じが何とも。ヨーロッパは古い建物が高い、っていうの、頷けますなぁ・・・まぁここ、微妙なラインですがね。

アゼルバイジャン20170722 (34)
ブドウの木、遠くに近代的な建物。古いものと新しいものが織り交ざっている街。

アゼルバイジャン20170722 (35)
裏道には無人の果物等売り場が・・・絶対安いと思って買おうかと思ったけど、誰もいなかったので買えなかった。

アゼルバイジャン20170722 (36)
旧市街の一角で小さなお店を出しているおばあさんから、アゼルバイジャンの伝統的なパンを購入。0.5マナト(33円)。
ハーブとか色々な緑野菜を挟んで焼いたパン。
お店によって挟んでいるものは違うみたいだけど・・・

うわ~・・・もっちもちしてて・・・

何と天敵のパクチーが入っているではないか・・・((((;゚Д゚)))))))


あうあうあうあう・・・だけど食べたよ・・・他の野菜は美味しかったし・・・
結構パクチーの香りしたけど・・・

だっておばあさんの笑顔がすっごくすっごく優しくて素敵だったんだもん・・・

あとね、伝統的なケーキも勧められたけど、甘いの苦手なのでそれは買わず。

代わりに・・・
アゼルバイジャン20170722 (37)_LI
この赤丸で囲ったパンを買ってみた。0.5マナト。

それぞれのパンを指さしながら、おばあさんに・・・

スイート?って聞くと→うんうんとニコニコと頷く。
ミート?って聞いても→うんうんとニコニコと頷く。


か・・・可愛すぎかっヽ( ̄д ̄)ノ

だけどこの赤丸で囲ったパン・・・

中身はカスタードというか、白餡的なというか、つまり甘いパンでした。

外側はスコーンみたいな生地だった・・・味は美味しいと思う・・・甘いの好きな人にはおススメッ
甘いの苦手だけど、美味しいのは分かる・・・と思う。たぶん。

私はホテルで紅茶と一緒に食べました☆

アゼルバイジャン20170722 (38)
おばあさんのお店から。
この辺は古い建物が多くて、この少し崩れそうな感じが何とも素敵です。

アゼルバイジャン20170722 (39)
城壁の内側に戻ってきた。

アゼルバイジャン20170722 (40)
外に出て・・・
地下鉄駅から帰りました~。

ホテルの最寄り駅は黄緑ラインのKhatai駅っていうとこなんだけど、駅周りには基本的にホットドックとか売っているお店や小さなスーパー等があるのね・・・だけど・・・

アゼルバイジャン20170722 (46)
少し外れたところで、こんなパン屋さんを発見。

買ってみた
アゼルバイジャン20170722 (45)_LI
①が0.2マナト(13円)→ジャガイモと挽肉が混ざったものが入って揚げられていた。2つ購入。
②が0.5マナト(33円)→挽肉と玉ねぎが混ざったものが入っていた。


ややや安すぎっ
そしてとっても美味しいっ

何よりお店のおばさんと息子さん?の笑顔が暖かくて和みましたっ


アゼルバイジャンの人達好きだなぁ

ご飯はまたスーパーで買い出し。
パンとハムとチーズと野菜を買って簡単サンドイッチにしたり・・・

アゼルバイジャン20170722 (49)
そしてヨーグルトもたくさん。

そうだ・・・ここは・・・

カスピ海じゃないかっ

カスピ海ヨーグルトかどうかは定かではございませんが。

ヨーグルトも買ってみたけど普通のプレーンヨーグルトだったよ~。

だけど結構美味しかった・・・日本よりは全然安いしっ

ドバイのラウンジから貰ってきたハチミツとベストマッチでした☆

そんなこんななバクー観光でした☆
バクーに来たら、旧市街は是非いってみてくださいね~ヽ(´∀`)ノ☆

ではでは~。

今日はここまで☆
読んでいただきありがとうございましたっ

----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいです~ヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓

にほんブログ村
↑↑



Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 世界一周 世界遺産 アゼルバイジャン

2017-07-25(Tue)

アゼルバイジャンへの入国方法・・・コーカサス周遊の注意点等も☆

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー→シンガポール→中国→カザフスタン→キルギス→アラブ首長国連邦(ドバイ)→アゼルバイジャン

【Azerbaijan】

・国旗)水色:テュルク人、緑:イスラム教、赤:進歩
Screenshot_20170722-232236.png

・首都)バクー
・主な宗教)イスラム教
・時差)-5時間(2916年からサマータイム廃止)
・為替)1アゼルバイジャンマナト≒65.5円


15ヶ国目☆アゼルバイジャン

カスピ海に面した街、コーカサス三国はまずはアゼルバイジャンへ

2017.7.21

そもそもコーカサスってどこ??

コレね。
コーカサスはカスピ海と黒海に囲まれたコーカサス山脈とその周辺。
Screenshot_20170722-232131.png
コーカサス三国というと、地図に赤印を付けてある「アゼルバイジャン・ジョージア(グルジア)・アルメニア」を指すけれど、実際ここは、「南コーカサス」
ソ連から独立した国なので、各々の国の言語に加え、ロシア語も通じます。
(ちなみに、北コーカサスはロシア)
区分はヨーロッパにもアジアにも区分される・・・ケースバイケース??

だけど街並みは完全にヨーロッパより。
アジア要素全く見られなかった・・・

そんなコーカサス三国。
第1国目は「アゼルバイジャン」

入国方法は「陸路」(イランorジョージアorロシアから)、「海路」(カザフスタンorトルクメニスタンから)、「空路」の3種類←当たり前
私は一番ビザ申請が楽な空路で入国。

周辺の中央アジア等以外の国は、アゼルバイジャンに入るために「ビザ」が必要です。
「空路」だと空港で簡単に取れます。(陸路や海路だと、あらかじめビザ取得が必要)

そして・・・

全世界で日本人のみ、ビザ発行代、無料。

情報によると今年の春までトルコも無料だったっぽいけど、トルコ今は10ドルになっていた・・・
ちなみに、ユーロを使用しているEU諸国は35€その他の国々は$20(スイスやイギリスも$20、共通して言えることは、通貨がユーロじゃないから??)

いや、本当に・・・

何故日本だけ無料??


すごくありがたいけどさ・・・
周りのおじさん達が何で何で??ってがやがやしてた・・・

理由調べたけど分かんなかったし・・・誰か教えてくださいー

しかもパスポートの写真をコピーしてくれるから、写真も不要
入国カードっぽいものに情報を記入し、パスポートと一緒に入国前のカウンターに提出するだけ。
10分程で30日間のビザ発行。ただし10日以上いる場合は滞在証明書が必要らしいから、ホテルで発行してもらってね☆

ちなみに・・・
私は、アゼルバイジャン→ジョージア(グルジア)→アルメニア→ロシアの経路でヨーロッパに入る予定だけど・・・

Screenshot_20170722-235518_LI.jpg
地図からだと、アゼルバイジャン→アルメニア→ジョージア→ロシアがスムーズに見えるよね?
だけど・・・

アルメニアとアゼルバイジャンの国境(青線)は通過できない。
アゼルバイジャンの人達に、「次どこ行くの?」と聞かれても、「グルジア行ってロシア行くよ」とは答えても「アルメニアに行くよ」とは答えないように気を付けています。

というのも・・・
ここの国境、外務省の警戒レベルは3の「渡航中止レベル」にあるように、この2国間は未だに争いが絶えない。
緑で囲った自治区「ナゴルノ・カラバフ共和国」は、国際的にアゼルバイジャン領土だけど、実際はアルメニア軍が支配していたりと、複雑な歴史を繰り返している。

どちらの国もビザが必要だから、パスポートで簡単にあっちの国にも行ったんだな、って分かっちゃうけど、どうやらアルメニア入国後のアゼルバイジャン入国は最悪入国拒否がありえ、アゼルバイジャン入国後のアルメニア入国は拒否はないらしい・・・

なので三国を巡る場合は、アゼルバイジャン→グルジア→アルメニアが良いと思います。
あくまで収集した情報によるものなので、逆ルートで行けた人いたら教えてね☆

アゼルバイジャンはオイル資源で成り立っています。
アゼルバイジャン20170721 (1)
空から見えた、海に浮かんでいたコレ・・・たぶん、オイルを汲み上げているんじゃないかなぁ。

アゼルバイジャン20170721 (2)
空港は少し変わった造りをしています・・・けど綺麗だし、人もとっても優しい。
ATMでお金下ろして大きいお札しかなくても、両替所で快く崩してくれます。

アゼルバイジャン20170721 (3)
空港を出たら、出入口左右(どちらにもあったよ)にある、こちらの券売機でバスチケットを購入してね。
1回1.5マナト(98円)、内、カード発行代0.2マナト、バス代1.3マナト。
カード発行料金は、1回分で0.2マナト、2回分で0.4マナト・・・というように増えていきます。ちなみに、リミット無しは2マナトなので、10回以上、バスや地下鉄を利用するならこちらを購入したほうが良いです☆)

バスは出入口前の道路を挟んで目の前にいる、「Airport Shuttle bus」を利用。
確か2015年から空港バスができたので、まだ新しい。
手にカードを持ってバスに向かって歩いていると、「タクシー?」って声も掛けられないよ~ヽ(´∀`)ノ
たぶん、バスで市内まで出てタクシーを使う方が、空港からタクシーに乗るより安い・・・

アゼルバイジャン20170721 (4)
中はこんな感じ。

アゼルバイジャン20170721 (5)
アゼルバイジャンはオレンジ色の屋根の家が増えて・・・統一感があってこれもとっても綺麗。

バスの車窓からなので、色合い微妙ですが。

いや・・・微妙なのは私の腕のほうか・・・(T_T)


バスは28Mayという、セントラルステーションのある町の中心が終点。
ホテルまで2.4㎞。
歩けない距離ではない・・・が・・・荷物重いし・・・暑いしなぁ・・・

と。
バスで一緒になったウズベキスタン人のおじさんが、何故か私の荷物をホテルまで運んでくれた・・・徒歩で。


こっちに仕事で来ているおじさんだったけど・・・
道を調べて一緒に行ってくれるなんて・・・(;д;)

だけど・・・
おじさん・・・

私・・・一人で行けるよ・・・
だって・・・

おじさんの手荷物小さいバッグ一つなのに対し、一緒にいた若い男の子(同じ会社の後輩?)の荷物、私以上に大きなキャリーバックと大きなリュックという、まさに地獄の荷物量。

大丈夫、とおじさん言ってたけど・・・

いやいやいや・・・彼、大丈夫じゃないでしょ?

彼何度もリュックの位置直したり重いバッグ頑張って持ち上げたりしてるよっ、気にしてあげてっ

メッチャ彼に謝ったけれど・・・
何たって彼等の会社通り過ぎて、ホテルまで一緒に来てくれたからね。

有難かったけど申し訳なかった・・・

ともあれ。
ホテルに荷物を置いた後は、周辺をブラブラ。

海まで1.9㎞なので、とことこ歩いて行くこととする・・・地獄の暑さの中を
(東京の夏と似たような感じ・・・ドライシーズンなのに湿気があるのは海が近いから??)

うだる・・・
私今確実茹だってる・・・
いや、この場合炙られているのか・・・?

アゼルバイジャン20170721 (14)
カスピ海
おお~~っ、念願のカスピ海・・・そんなに綺麗じゃないけど・・・

やっぱりカザフスタンのアクタウから臨むカスピ海が綺麗だったかなぁ・・・バクーオイル採ってるし・・・

だってほら、
アゼルバイジャン20170721 (16)
オイルカンパニー建設中・・・かな?

ただのビルの可能性もありますが。

アゼルバイジャン20170721 (15)
何の鳥だろ~、珍しい色だなぁ・・・
と思ったら・・・
「カーカー」鳴いていたので、たぶんただのカラス。
カラス・・・カラスって・・・白いのもいたのか・・・

アゼルバイジャン20170721 (18)
この辺はお洒落なカフェが並んでいた・・・お洒落なエリアに必ずスタバがあるのはちょっと不思議。
この辺はたぶんちょっと高級なとこ。
ブルガリとかのブランド店が入っているビルが並ぶ通りだったし。

アゼルバイジャン20170721 (19)
タクシー可愛い・・・空港にたくさんこのタクシー停まっていたけど、このタクシーは高いんだって・・・確かに、お高いホテル前とかに並んでおりました。
だけど何故、敢えての紫??

こんなものも発見。
アゼルバイジャン20170721 (20)
初めて見た・・・
建設途中のビルって・・・上から作っていくんだね・・・知らなかった・・・

アゼルバイジャン20170721 (21)
この線路は潰れたオイル工場に続いていたらしく、今は使われていないらしい。
物寂しい気もするけれど、古くて枕木を草が覆っている線路とか好きです・・・今はもう使われていない廃駅とかね。

アゼルバイジャン20170721 (22)
ご近所の風景。

そういえばアゼルバイジャンはイスラム教の国だけど、お酒も普通にたくさん売っているし(中央アジアもだけど)、人々の恰好も全然イスラムっぽくないし、お祈りしいる姿も見ていない・・・モスクも全然見当たらないの・・・だけどホテルで会ったイラクの人は、毎日何度もメッカに向かってお祈りを捧げていた。
当たり前だけど、同じ宗教でも全然違うわけで、だけどね、やっぱり皆基本的には人に優しいことには変わりない、ということが、旅に出て色々な国の人達と接していて実感できています。



アゼルバイジャン20170721 (23)
大好き、裏道。
実は写真は撮るけど大抵入らなという・・・

うむうむうむうむ。
アゼルバイジャンはやっぱりヨーロッパだね・・・トルコに街の作りが似ているけれど。

アゼルバイジャン20170721 (24)
ホテルの近くに裁判所が・・・
この前の大通りは基本的に渡れない・・・車がいつもたくさん通っているので。
渡りたいときには裁判所近くの地下道(エスカレーターあり)に降りて渡ってね~。
(大きい道を渡るときは基本地下道あり)

アゼルバイジャン20170721 (25)
病院。

うーん・・・どこを取っても綺麗な街です。

途中安いスーパーを探していたんだけれど、間違えて少しお高い感じのスーパーに入ってしまった
日本で言う成城石井的な・・・
だけど・・・

アゼルバイジャン20170721 (27)
スイカのカットが安く売っていた。
これで0.40マナト(26円)

むしろスイカだけ安かった。

実は人生で初めてスイカ自分で食べるために買った・・・
だって種あるし種あるし種あるし・・・

ちなみに、次に安かったメロンはこの5倍した・・・
日本よりは安いけどねヽ(´∀`)ノ

こちらが、一般市民用のスーパー。
アゼルバイジャン20170721 (28)
すすすスーパーだよっ、紛うことなきスーパーマーケットだよっ
このタイプのスーパー久しぶりに見た・・・ちょっと感動

適当に購入。
アゼルバイジャン20170721 (30)
全部で310円位。

サンドイッチ1.5マナト(98円)は自炊より安い気が・・・レタスとトマトとチキンが入っていた。
マヨネーズ味☆
久しぶりのマヨ味に感動したとも(゚∀゚)

アゼルバイジャンに入って一気にチーズが増えたし、売られている食材も一気に変わった・・・
ドライフルーツや香辛料を見なくなったので、ドライフルーツ好きな人は、やっぱり中央アジアで購入してからこっちに来るべし

アゼルバイジャン20170721 (29)
これで20時半過ぎ。
携帯の時刻、いつも勝手にその国の時刻に合わせられるのに、今回21時半を示していたからすっかり21時半だと思って従弟に明るい!ってメール送っちゃったよ・・・
大ウソつきだった・・・
(たぶん2016年~サマータイムがなくなったため、携帯の時刻が微妙にずれたと推測)

そんなこんななアゼルバイジャン、次回は世界遺産に登録されている、超超超素敵だった旧市街をアップします。

ではではではでは~。

今日はここまで☆
読んでいただきありがとうございましたっ


----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいですヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓

にほんブログ村
↑↑


Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

プロフィール

Misakichi

Author:Misakichi
みさきち。←友達がつけてくれたあだ名で重宝
スペック:看護師、CRC
体力ないくせに好奇心と食欲は旺盛。
趣味:旅 料理 読書
2017.3.30渡航→フィリピンで8週間英語勉強→アジア~西回りで世界一周予定

詳細プロフィール
Author:<%author_name>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。