FC2ブログ
2019年05月 ≪ 
123456789101112131415161718192021222324252627282930
 ≫ 2019年07月
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
2017-07-04(Tue)

ヤンゴンT1、プライオリティラウンジ使ってみた&ミャンマー纏め

☆ルート☆フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー

【Myanmar】

9ヶ国目☆ミャンマー

ヤンゴンT1、オープンして間もない、プライオリティラウンジ情報☆ホテル・費用まとめ☆


Mingalar Sky Lounge

ヤンゴンには2つ空港がある。
国際線専用の新空港は、2016年にオープンしたばかり(ターミナル1)で、当然、プライオリティパスが使えるラウンジも新しい。

ラウンジのスタッフに聞いてみたところ、2016年12月~運営開始したばかりだとか。

さっそく行ってみた

DSC02860.jpg
新しくできたばかりで綺麗
「Mingalar Sky Lounge」っていう名前のラウンジです。

DSC02861.jpg
食べ物は豊富・・・色々あったよ
オリーブ漬けのチーズとか久しぶりでメッチャ食べちゃった
(ちなみに、オリーブはチーズが漬かっているものに入っているオリーブが一番美味しかった
・・・てか、他のオリーブ味なかった・・・オリーブの味なし初めて食べた(゚∀゚)

DSC02862.jpg
こんな感じ・・・何とお寿司があったんだよ

今まで食べた中で一番美味しくないお寿司だったけど(T_T)

他の料理は洋風のものと、ミャンマー料理っぽいものもあった。
さすがに、ミャンマーで食べた料理の中では一番良かった・・・

が・・・

プライオリティでビックリこのクオリティ・・・((((;゚Д゚)))))))

って思う位、

これ美味しかった~、お勧めだよというものがなかった・・・

ワインも白と赤と両方飲んだ・・・チリワインだったけど・・・

何故かあまり美味しいチリワインじゃなかった・・・

一番メロンが美味しかった・・・何たって無加工

だけどスタッフの人達は親切だし、ラウンジ自体は超超超綺麗だったから、機会があったら是非行ってみてね☆


続いて・・・

ホテル
*あくまで私の所感です。
東南アジアの安宿イメージを基準に考えてます。

ヤンゴン
Hoetel Latha

DSC02764.jpg
ヤンゴン川沿いのマーケット近く。何たってベランダからナイトマーケットが見える。

DSC02741.jpg
部屋。カーテンもあり、プライベート空間は保たれるようになっています。

料金)ドミトリー1泊657円。
Wi-fi)基本的に良好だが、たまに遅くなる。

DSC02858.jpg
お手洗い)トイレットペーパー付き。
シャワー)バスタオル・フェイスタオル付き。
お湯〇、水圧〇

清潔)ベッド〇 お風呂〇 その他〇

食事)食事なし。ウォーターサーバーの水とお湯が飲み放題。

スタッフ)〇 オーナーは10年以上前、東京で働いていたらしい・・・忙しすぎて東京は嫌いって言ってたけど
スタッフは基本的に親切だけど、たぶんミャンマー人特有で、基本的に全て「オーナーに言われている普段の仕事以外はできない」という感じだった・・・何か聞いても分からない、ことは、調べてくれることはなく、「オーナーに聞いてほしい」。オーナーは色々教えてくれるけれど、昼間しかいない。

ちなみにオーナーさん、航空券のコピーは無料でさせてくれました・・・思い切り誰かのパスポートのコピーの裏紙にだけど。

・・・こうして自分のパスポート情報もどこかで漏洩するんだね。

特徴)窓口と部屋と合わせて大きな一部屋、というスタイル。1人1人のプライベート空間は、保たれているけれど。

DSC02766.jpg
そして階段が超絶急。

荷物持っていくの今までで一番大変だった

だけどヤンゴンの建物は基本的に階段は急かも
荷物ある人は覚悟して行ってね~


ミャンマー費用

☆4泊5日☆

交通費)3,073円(ミャワディ→ヤンゴンのバス代含む)

宿泊費)2,630円(4泊)
観光代)1,069円(巻きスカート代含む)
食費)2,367円
その他(日用品等)なし

合計)9,139円
平均)(2017.6.26~6.30の4泊5日)1,828円 / 1日

4000円/1日目標達成・・・まぁ、ずっと寝てたからねヽ(´∀`)ノ
実は6月30日はシンガポールでもお金を使った・・・合計767円だけど・・・それも考えるともう少しお金使ってるんだけど・・・

そんなこんななミャンマーでした~

ちなみに・・・
DSC02765.jpg
これ、ミャンマーの水道管。
いかに水道管が清潔でないかを表しているかと思うんだけど・・・
ミャンマーだけではなく、ラオスやベトナム、カンボジア、そしてタイでさえ、こんな感じの水道管を使っている場所は山ほどあった。

他国はともかく、ミャンマーは、色々な話を聞いていると、まだまだ発展途上な上に、政府もちょっと・・・
(近代化目指して様々な建物を建設していたのに、突然政府が、「一切の建築禁止」と言い、全ての建設が1年位??ストップしたりとかしたらしい)

だけど今だからこそ、行ってみても良いかもしれない。
日本人も多く、ビジネスチャンスを狙っている人も多いので、メチャクチャ治安不安な発展途上国というわけでもないしね。

食事だけは、覚悟していってください。

ではでは~。

今日はここまで☆
読んでいただきありがとうございましたっ


----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいです~ヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓

にほんブログ村
↑↑



Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 世界一周 ミャンマー

2017-07-02(Sun)

シュエタゴン・パゴダ&新ヤンゴン病院に行ってみました。

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー

【Myanmar】

9ヶ国目☆ミャンマー

2017.6.29

シュエタゴン・パゴダ&新ヤンゴン病院に行ってきました。

*シュエタゴン・パゴダ*
紀元前585年に仏陀の聖髪をこの地に奉納したのが起源。ミャンマー人にとっての聖地で、毎日多くの巡礼者が訪れる。
(シュエは金、パゴダはヤンゴンの昔の名前)

ヤンゴンに来て3日目の朝、結構体調は回復したのでシュエタゴン・パゴダに行ってきました~

朝4:00~開いているとのことで、暑くなる前の5:00位に行きたいなぁ、と思っていたのですが・・・

目が覚めたら6:00だった・・・
・・・まぁ、許容範囲かな。

せっかくなので歩いて行くことにした。
DSC02790.jpg
ミャンマーは9割仏教の国だけど、教会も一応、いくつかある。

DSC02793.jpg
こんな学校の前には、色々な国のスクールバスが停まっていた。

DSC02791.jpg
日本のも~・・・って、

国籍絶対関係ないだろうけど。

そしてどこの幼稚園??

DSC02794.jpg
街中にぽつぽつある仏教寺院はどれも金ぴか。

DSC02796.jpg
仏教の国なので、基本「無殺生」。
街中には野良犬がたくさんいて、だけど皆結構餌を与えていた。

DSC02855.jpg
こんな風に道端にご飯が置かれている光景も。

その一方でロヒンギャの人権侵害・・・弾圧・殺害等もあるのが事実だと思うと悲しくなってくる。

そして全く関係ないけど、ヤンゴンにはビックリするくらいネズミが多い。

30分位歩くと・・・
DSC02797.jpg
シュエタゴン・パゴダが見えてきた。
こちらは南門。

DSC02800.jpg
シュエタゴン・パゴダは門がいくつかあって、それぞれで形が違う。
南門はこんな感じ。

DSC02801.jpg
入り口から靴を脱いでいく。
靴を入れる袋は入り口で貰えるよ

両側にお花等を売っているお店があり、その先には・・・
DSC02802.jpg
ワニがいた・・・

DSC02803.jpg
両サイドにワニがいる階段を上っていきます。
その先で入場料を支払い。

外国人は一律8000チャット(656円)。

+

DSC02852.jpg
しまった
ショートパンツで行っちゃったから、巻きスカートが必要だった
5000チャット・・・仕方なく購入・・・(これが後で病院に行ったときに大変役立ったのですが)

DSC02824.jpg
じゃんっ、これが中心にあるメインの塔。
この塔を取り囲むようにいくつもの仏塔が林立しております。

DSC02837.jpg
こんな風に。

DSC02844.jpg
もちろん仏像は、これでもかっ!っていう位たくさんあるんだけど・・・

DSC02808.jpg
エメラルドな感じ。

DSC02838.jpg
色々な場所でたくさんの人達がお祈りを捧げていた。

DSC02845.jpg
横になっている仏像も。

そして・・・
DSC02805_LI.jpg
これ。

DSC02828_LI.jpg
後光???
思い切り電飾。

あとねー、結構どこでも、ウォーターサーバーっぽいものはあって、水は飲み放題っぽかった。

DSC02830.jpg
こんな珍しい形の水飲み場も。
だから感染症が後を絶たない

DSC02817.jpg
中でお金下ろせるように、ATMもありました。
・・・中にお土産屋さんとかあったけ??
見かけなかったのか、気付かなかったのか・・・私の場合、後者の可能性が圧倒的に高い。

DSC02823.jpg
バガン行かなかったし、ここには来てよかったかなヽ(´∀`)ノ

確かにヤンゴンに来たら、来るべきポイントだと思う。
DSC02812.jpg

中とはいえ、屋外なので、ストッキングや靴下は履かないで行った方が良いと思います・・・

所々の床が何故か濡れていた・・・(T_T)
(だけど土足厳禁です)

以上、「シュエタゴン・パゴダ」でした~

続いて・・・

「新ヤンゴン病院」に行ってきました。

ヤンゴンの街ではスーパーを見かけなかった。

MAPS.MEに「スーパーマーケット」と記されている場所に行ってみたけど・・・

DSC02749.jpg
こんな感じ。食料は何も売ってないし、ほとんどのお店が閉まっていた。

だけど・・・
DSC02750.jpg
分かるかな??
薬局がものすごく多いの。
この辺りのお店、5軒に3つ位、薬局だった・・・

後で伺った話だけれど、基本皆何か病気になったら薬局の薬を購入するスタイル。

ミャンマー人の貧困層の人達は、「入院費」と「処方薬」が無料らしい。
(だけど薬自体は安いタイやインドのジェネリック・・・いや、こんなん書くと誤解招きかねませんが、ジェネリックもちゃんとした治験の過程を踏んだうえで販売されています)

そして・・・
DSC02751.jpg
・・・血圧計や聴診器、他にも色々なものが売られていた。
だけど高額のため、実際はお金持ちの人しか買えないみたい。

ミャンマーの医療事情を知る前、これを見た私は、ミャンマーって意外と医療はしっかりしてる??なんて思ったりもした。

時間もあったし、ミャンマーの医療事情について調べてみると・・・

何と30年近く、日本より遅れているとな。

そしてヤンゴンには、日本人により設立された、「新ヤンゴン病院」というものがあった。

調べれば調べるほど、どうしてもどうしてもどうしても

私はミャンマーの医療事情を実際この目で見てみたくなった。

病院まではホテルから1.1㎞。

全然、歩いて行ける距離だ。

行かないと後悔する
という思いのもと、実際病院に行ってみた。

DSC02854.jpg
ここが病院。
ちなみに国立。

さすがにショートパンツじゃモラルなさすぎだろうと思い、シュエタゴン・パゴダで買った巻きスカートを着用。
思わぬところで役に立った
(後でスカートはホテルの人にあげました)

中に入るとすぐ右側に受付があって、そこで恐る恐る、病院を見せてもらえないか尋ねてみた。
アポイントもないし、日本ならまずありえないけれど、受付の人はあっさり「OKOK」と。

え??

そんな簡単にOKなの


付いてきて、と言われて向かった先は、有償エリア。
(つまり入院費が無料となる病床ではない)

そして通された部屋で・・・

日本人の方とお会いした。

受付の人、「じゃあ」と、そのまま退却。


日本人の医者が数人ヤンゴンで働いていることは事前情報で知っていたけど、まさかお会いできるとは思わなかった・・・にしても心の準備が・・・

緊張しつつも、自己紹介と事情説明。

とても優しい先生で、何と私が生まれるより前に、私が生まれたときからずっと掛かっている病院でも働いていたことが判明・・・しかも私の昔の主治医の先生はその頃講師だったとか、色々と別の話も聞けた

ともあれ。

日本語だと安心で、少し緊張も解けた。

今、新ヤンゴン病院の中は写真撮影が禁止で、外部の人間が入れるエリアもとても限られている。

だけど私の色々な質問に、先生は丁寧に答えてくれて、たくさんのことを教えてくれた。

何とこんないきなり仕事でも何でもなくただの興味で突撃した私に、2時間も時間を割いてくれたのです

すっごくすっごく有難かったーーーっ

そしてミャンマーの医療事情に愕然とした。

医療事情以外にも、教育体制とかについても伺った。

正直、私が医者やったほうがマシじゃない??
って思う話もあったくらい酷いものだったよ・・・(T_T)

だけどすっごくすっごくすっごく、有意義な時間を過ごすことができた。

正直、このためにミャンマーに来た。

このために熱出た。

本気でこう思いました。



最新のガイドラインや医療情報・エビデンスなんかは大好物だけど、医療系の話は何聞いても楽しい。

ミャンマーに来て本当に良かった。

過酷な道を超えてきて、その過程で地方の村を見ることもできて本当に良かった(地方の現状を実際に見ることができたしね)。

心の底から、そう思った。

以前は外部にオープンだったのが、今は大分制限されている病院だから、どこまで情報を開示して良いのか判断はつけられないので、後で医療従事者の方(じゃなくても)は私と語り合ってくださいヽ(´∀`)ノ

メチャクチャ面白かったよ

たぶん実際目にしながらお話を聞ける機会なんて滅多にないだろうから、貴重な体験できた~(゚∀゚)。

むしろ旅のハイライトか。

そう言っても過言ではない位、私にとっては価値のある体験でした

そんなこんななミャンマーでした~。

だらだらと綴ってしまった・・・医療関係の話、久しぶりにできてテンション上がったのと、元々こういう話になると止まらないからなぁ

興味ない人ごめんなさい

ではでは~。

今日はここまで☆
読んでいただきありがとうございましたっ

----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいです~ヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓

にほんブログ村
↑↑



Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 世界一周 ミャンマー

2017-07-01(Sat)

ミャンマー&ヤンゴンってこんなとこ。

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ→インドネシア→マレーシア→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ→ミャンマー

【Myanmar】

・国旗)2010年10月~現国旗に。黄:国民の団結、緑:平和と豊かな自然環境、赤:勇気と決断力、白星:ミャンマーが地理的・民族的に一体化する意義を示す。
スクリーンショット (206)

・首都)ネーピードー(ネピドー)
・主な宗教)仏教
・時差)-2.5時間
・為替)100ミャンマーチャット≒8.1円


9ヶ国目☆ミャンマー


2017.6.27~29


6/27 37.6℃。

うーーーーーーーん・・・・・・

やっぱりね・・・ヽ( ̄д ̄)ノ

原因は疲れだろうけれど・・・扁桃腺も腫れているし、よろしくないなぁ・・・

やっぱりパガン遺跡は諦めるしかない。

ミャンマーは観光ビザなら入国から28日間いられるのだけれど(入国可能日は発行から3ヶ月以内)、30日の朝の飛行機を取ってあるし。

丸3日…まぁ、休むには丁度いいかな??

ということで、

高いお金を出してビザを発行し、

地獄のような国境越えをし、

オマケにミャンマー料理は本当に口に合わず。


・・・ええ、本当。

何しにミャンマーに来たんでしょうね(ノ´▽`*)b☆??

だけどミャンマーは今までの国とはまた違った国なので・・・この空気に触れられただけでも良しとしようかな・・・と。

このときはこう、自分に言い聞かせた。

さてさて・・・

ここからは少し真面目な話。

~アジア最貧国と言われている、ミャンマーってこんな国~

*興味がない人はーーーーーーーまで飛ばしてね

ミャンマー(ビルマ)は、長らく軍事政権が続いていた国。
2015年11月の総選挙でようやく国民民主連盟が国民の支持を得て政権交代したばかりの国だ。
(とはいえ、大統領が変わっただけでその下の日本で言う事務官等は変わらず)

観光地化している場所・・・ヤンゴンとかは比較的治安が良いみたいだけれど、軍事行政区のラカイン州では、未だに暴圧が絶えない(バングラディッシュとの国境辺り。バングラディッシュへ逃亡する人もたくさんいるらしい)。

国民の9割が仏教徒のこの国は、「徳を積む」精神のもと、2014年の「金銭の寄付」「ボランティア時間」が世界トップとなったくらい、寛容な国。

その反面、人権侵害・・・イスラム教徒への弾圧が酷い。
ラカイン州のロヒンギャ居住区(イスラム教徒居住区)では、その傾向が顕著らしい。(ラカイン州問題)。
ロヒンギャの人達には国籍が与えられていない
そして治安部隊が人権侵害の限りを尽くしている実態。

それだけではなく、反民主勢力による暴圧も未だに顕在的にみられている。

当たり前だけど、50年続いた軍事政権が1~2年で「じゃあ民主制で」なんて急変するわけがない。
まだまだ縦社会の権威主義体制な国です。

☆首都☆
ヤンゴンは旧首都。
2006年~ネーピードーになった(遷都の理由は諸説あるけど割愛)。

ーーーーーーーーーーーーーー


DSC02748.jpg
ヤンゴンの街はこんな感じ。
旧首都だけあって、確かミャンマーで一番栄えている街。
車が多く、モーターバイクをほぼ見なくなった。
(だけど車を持っている人はほんの一部)

それと・・・
ミャンマーの人は、男の人も女の人も、長い巻きスカートを履いている。
何故?って聞いたら、500年か1000年か、それ以上から続く伝統だ、って、ホテルのオーナーが言っていた。
(そもそもの理由を知りたかったんだけど、まぁいっかヽ(´∀`)ノ)

あと・・・
ミャンマーの女の人、後は子どもも、頬に黄色い「タナカ」という化粧みたいなものを塗っている。
日焼け防止効果もあるみたいだけど。

DSC02851.jpg
あれ??
街中の木に塗ってあるこの黄色いの・・・タナカではなかろうか??
こういうのを頬に塗っているんだよー(゚∀゚)

昼過ぎ。
少し栄養を付けようと、口コミの良かったお店に行ってみた。

DSC02747.jpg
途中で見かけた、「スレー・パゴダ」の写真だけ撮って通り過ぎる。

DSC02850.jpg
そのお隣にあるシティーホール。
立派な建物・・・

DSC02742.jpg
街はこんな感じ。
とにかく車が人が横断していようがお構いなしに、クラクションを鳴らしながら突っ込んでくる街。

今まで訪れた街の中で一番横断怖かった・・・

目的のレストランはここ。「Shan Noodle House」
日本人の口コミも良く、シャンヌードルを食べられるお店。
DSC02745.jpg

中に入ると2階に通され、注文。
色々あったけど、一番オーソドックスな「シャンヌードル」1,500チャット(124円)と、「揚げワンタン」を注文したみた。

シャンヌードルはすぐに出てきた。
DSC02746.jpg
・・・ううううううううううううぅぅぅぅぅぅぅん。

パクチーさん、こんなとこでもご対面するとは・・・

とりあえず避けつつ・・・食べる。

・・・

・・・・・・あれー??

・・・・・・私の味覚がおかしいのだろうか。

お、美味しくな・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

えー・・・と。

ミャンマーはお茶が飲み放題☆
お茶は甘くなく(東南アジアのお茶はすごく甘い)、普通の中国茶みたいなお茶でした~良かったヽ(´∀`)ノ

・・・じゃなくて。

スープは割りとあっさりしてて、優しい味・・・と口コミで見たけど・・・

たしかにあっさりしてるけど・・・

やはりミャンマー料理は私の口に合わない・・・

えーーー??もしかして私って味覚音痴
日本人の口コミ良かったんだけど・・・

だけど・・・

隣のテーブルに、日本人のおじさん達の団体さんがいた。

彼等の内何人かは、私と同じものをご注文されたらしい・・・

・・・無言。

何も言わ無い、と書いて無言。

その表情が全てを物語っていた。

と、私は勝手に解釈した。

そして揚げワンタンはというと・・・

食べ終わって数分・・・来ない。

こっちからは何も言ってないけれど、食べ終わった後の私を見て、「もうちょっと」とお店の人に4回位声を掛けられ・・・

15分後。


「売り切れです」

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

いやいやいやいやっ、私は見たぞ

私の注文後より後に来たお客さんに揚げワンタンあっちにいるお姉さんが(恐らくテーブルを間違えて)先に出していたのを・・・


と、一瞬思ったけど・・・

・・・ま、いっかヽ(´∀`)ノ
ワンタンのほうが値段高かったし。
ないものはもう仕方ないし。
麺微妙だったから期待してないし

そして・・・

DSC02753.jpg
通りすがりの屋台でホットケーキを購入。1枚300チャット(25円)
これ・・・

今までミャンマーで口にした中で・・・

一番美味しかった(゚∀゚)。

普通のホットケーキなんだけど。

普段ホットケーキとか食べないけど・・・食料確保と思い、途中で引き返しもう1枚購入。

そしたらお姉さんが笑いながら2枚目200チャットにまけてくれたヽ(´∀`)ノ
ありがとうお姉さん☆


帰り道・・・こんなカラフルな寺院を発見。
DSC02754.jpg
ミャンマー仏教は例にもれず金ぴかだらけなんだけど、こういうのタイでも見たなぁ。
やっぱ仏教寺院なんだ・・・同じ大乗仏教なのかな??

DSC02757.jpg
野菜や果物が売られているけど・・・暑くてお店の人の活気もイマイチ。

DSC02758.jpg
何だか分からない物たち。

DSC02760.jpg
太っちょバナナ。

DSC02763.jpg
500チャットで(丸々1個分)パイナップル購入。

これ買う時塩入れられそうになって「No No No!!!」って間一髪で阻止したよ・・・

パイナップル、ヤンゴンにいる間に丸々2つ分食べて・・・
(しかも2回目は大きめのにしてもらって)

最後にまさかの口腔内出血発生したけど。

タンパク質分解され過ぎた((((;゚Д゚)))))))

ホテルで薬飲んで休んだ後・・・夕ご飯はヤンゴン川沿いのナイトマーケットへ。

DSC02786.jpg

何とホテルから徒歩1分掛からず
ナイトマーケットの位置は考えないで取ったんだけど、近くで助かった~ヽ(´∀`)ノ

DSC02770_LI.jpg
え??
何コレ、ちょっとシュール・・・

みかんにお線香お香刺さってますが・・・

DSC02774.jpg
適当なお店で店員さんお勧めの、

「マレーシア風ヌードル」を食す。

味は・・・まぁ、ミャンマー料理特融のオイリー感に味の濃さ・・・だけどうん、まぁ、まぁ・・・

どの辺がマレーシアなのかさっぱり分からなかった・・・
これで15000チャット。

DSC02775.jpg
夜食。野菜のロール、3本で500チャット。
キャベツがいっぱい入っていた・・・揚げたてはまぁまぁ。
例にもれずとってもオイリー。

これが、27日のご飯。

残り2日間のヤンゴン生活に、夢を失った夜だった・・・


翌、28日。

この日は丸一日引きこもってパソコンと睨めっこしながら今後1ヶ月ちょい先までの計画を思案(また後日記事で☆)。

昼間は野菜ロールと、タイで友達に貰ったインスタント味噌汁で凌いで、夜は別の19ストリートナイトマーケットっていうところに行ってみた。
(同じ宿に宿泊していた南アフリカの人のお勧めにて)

DSC02778.jpg
こんな感じの串焼きを南アフリカの人に勧められ、エビボールとポークとチキンを持ち帰りで注文。15000バーツ。
これはまぁまあ普通だった・・・

DSC02779.jpg
そしてコーンなら間違いないだろう、と1パック購入(500チャット)。

が・・・

コーンの先端に芯が付いていて微妙だった・・・
いや、安いんだけどね。
コスパ全然良いんだけどね。

結局また近くのナイトマーケットに移動し・・・
DSC02783.jpg
1000チャットで米麺の何かを注文。

DSC02784.jpg
おふっ・・・定番のパクチー。

DSC02785.jpg
お店の人には申し訳ないけど、頑張って全部避けた
これにパクチー入りのスープが付いて1000チャット。

この日はこれにみかんを買って凌ぎました・・・

遠出できれば違うかもしれないけれど、まだ具合悪かったしね

あ・・・

ちなみに・・・

「Shan Noodle House」
について、もう一度ネットで調べなおしてみたら・・・

やっぱり口コミが良い。

えーーーーーっ??

味音痴?

私、味覚音痴??

なので・・・

29日、割と回復し、朝早くからシュエダゴン・パゴダに行ってきた帰り・・・

DSC02847.jpg
リベンジしてきた
口コミ見てみると、汁無しが結構人気っぽかったので・・・

「Sticky Shan Noodle(Salad Dressing)」っていうのを注文。

これはまぁまぁ美味しかった・・・
ドレッシングというか、タレはゴマベースで少し甘め。ピーナッツのアクセントが合っていました。

更にさらに~~~
もうパクチーが入ってくることは分かっていたので、パクチー抜きを注文。

「パクチー」通じず、「葉っぱ抜いて」って言ったけど。

人は学ぶ生き物なんだよっヽ(´∀`)ノ

DSC02848.jpg
揚げワンタンもリベンジ。
8:30に着いたから、さすがに売り切れていなかったヽ(´∀`)ノ

何故写真手前のワンタンだけ皮が違うのかは置いておいて・・・

感想。

正直な感想。

・・・とんがりコーンの味がした。


お肉少なくてほぼ皮で、やっぱりオイリーで、半分くらい持ち帰りにしてもらっちゃった

こんな感じのミャンマー料理でした~・・・

あ、ナイトマーケットとかだと、虫揚げとかも売っていたよ・・・

あとナイトマーケットで売っている揚げチキンとかも買ってみたけれど・・・

・・・やっぱり私にミャンマー料理は合わないって思ってしまった・・・

食べれなくはないけど・・・食べれなくはないんだけど・・・

うん・・・ではでは~。

今日はここまで☆
読んでいただきありがとうございましたっ


----------


世界一周ブログ村に参加中です☆

1ポチしていただけると嬉しいですヽ(´∀`)ノ


↓↓1ポチ求ム~~↓↓

にほんブログ村
↑↑




Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 世界一周 ミャンマー

プロフィール

Misakichi

Author:Misakichi
みさきち。←友達がつけてくれたあだ名で重宝
スペック:看護師、CRC
体力ないくせに好奇心と食欲は旺盛。
趣味:旅 料理 読書
2017.3.30渡航→フィリピンで8週間英語勉強→アジア~西回りで世界一周予定

詳細プロフィール
Author:<%author_name>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。