FC2ブログ
2019年07月 ≪ 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ 2019年09月
2017-05-31(Wed)

ブルネイ観光~世界一お金の持ちの国の一つを訪ねてみて~

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ

【Brunei 】

ブルネイの国教はイスラム教。

朝食後、モスクと水上ビレッジへ

モスクに行きたいと言ったら、フィリピーノのベルが長いズボンを貸してくれた。
スカートで行こうと思ったけど、足元まで覆われるロングスカートか、長いズボンじゃないと駄目みたい
駄目な気もしてたからブルネイで買おうと思ってたんだけど、有難くお借りした。

モスクまで、徒歩とバス、両方の行き方を教えてくれた。
近いけど暑いからバスで行くと良いよ、と勧めてくれたけど、迷わず徒歩を選択

街中の様子とか見たくて・・・
それに絶対にお金を受け取らない彼等に、たとえ80円でも使うのは憚られた。

まぁ、目的地行きのバスを拾って無事降りられる自信もなかったんですがね。

だけど徒歩にして正解かな?

ブルネイ (1)
こんな風に、街の様子を見ることができたから。

ブルネイ (2)
断食期間、ということと、日曜日ということからか、人は少なかった。

ブルネイはお金持ちでとても平和な国だ。

天然資源のゴムと金の採掘から、世界一リッチな国の一つとされている。

10分程歩くとモスクに着いた。

ブルネイ (3)
日差しの暑さに辟易しつつも、日陰に入ると結構涼しくベタベタしなくて、空気が綺麗なんだな~、と思った。

モスクの中。少しだけ入ってみた。(無料)
ブルネイ (4)
靴はちゃんと外で脱いで。
お祈りしている人達がいたので、写真も少しだけ。

だけど冷房がガンガンに効いてて涼んでる人もいました。

ブルネイ (5)
このモスクは有名なモスクで、「Omar Ali Saifuddien Mosque」というモスク。

水上ビレッジも近くと聞いていたので、水辺に沿って歩くが、とにかく暑い。

何たって赤道直下。

UVカットの長袖着といて何ですがね(T_T)
(紫外線アレルギー防止だよっ、と言っておく)

と、こんな建物を発見。

ブルネイ (6)
何だか分かる??

正解は~
ブルネイ (7)
大型ショッピングモール(゚∀゚)

外からだと分かりづらいけど、内装は日本とほとんど変わらない。
ブルネイ (8)
売ってるものも、日本と変わらない。

どれかというと、イオンというより東武とか三越とか、そんな印象。

旅人にとっては残念なことに、お値段も日本に負けじとお高い。

地下にはスーパーも。
ブルネイ (10)
吊るされているバナナもちゃんとパックされてた


あまりの喉の渇きにお茶とヨーグルトを購入。
ブルネイ (9)
思い切りPOKKA。

『厳選された茶葉のみ使用』


出たな、日本の常套句

ふぅ、じゃあ騙された気で買ってみるか(T_T)

厳選されたとか、誰がどう厳選してるのか激しく謎な日本語

ブルネイ (11)
お寿司も。
ブルネイは魚が新鮮。日本と見た目ほとんど変わらなかったよ

パン屋やファストフード店で色々買ってる人もいて、端のベンチに腰掛けお茶を飲む。
この時すっかり断食のことを忘れていて、隣の人に駄目だよ、って笑われ慌てた

大失敗。

だけどこの女性、私が飲もうとしてるとこから見てたのに・・・私が飲み終わるまで待ってくれたんだと思う。
この人はイスラム教じゃないっぽかったけど、色々なトコで優しさに触れる。


ドラッグストア。
店頭で血圧測定等無料で受けられます。
ブルネイ (13)
ブルネイの国民は、医療費・薬の代金・教育費が全て無料らしい。
だから子どもを育てるのもお金が掛からず、1家庭に10人以上は子どもがいるんだって

だけどもちろん、ベル達みたいな外国人は、お金がかかる。
ブルネイ国民はピンクのIDカード、外国人は青のIDカードを持っていて、IDカードで識別するんだって。
そういえば到着時に書いたarrival cardにID(適応者のみ)記載する箇所あったなー。

ブルネイ (12)
ゴールドのお店ももちろんあった。

まあ、買えませんがね(T_T)

以上、ブルネイのショッピングモールでした☆
ブルネイ (14)
これ、両サイド共ショッピングモールです。

この出口を出てすぐのとこ(モスクを背に進む)に、水上ビレッジツアーをしている船があった。
ブルネイ (30)
ツアー代金は20ブルネイドル(1,608円)。
たぶん平均この位のはず。

遠くからだけどモスクも見れるしブルネイ名物猿も見れるというので、ツアーに参加することにした。

ブルネイ (17)
ちゃんとアレは何?と聞くと、説明してくれる。

ブルネイ (16)
これも有名なモスクだったはず。

ブルネイ (18)
右側のはたぶん、トイレ(小さい方のみ)??か魚釣り場??

全然用途違うやん。

だってエンジン音うるさくてよく聞き取れなかったんだもん(T_T)

結構なスピードで進んだので、風がすごく気持ち良かった。
ちゃんと屋根付きだしね

ブルネイ (19)
野生の猿も見れました。

小さっっ、遠っっ

水上ビレッジ。
ブルネイ (20)

中を見たいと伝えると、おじさん、いきなり顔全体を覆うマスクを被った

「too hot」
て言ってたし、確かにおじさんのとこ屋根ないけど・・・

いやいやいやいや、おかしいでしょ。

何たって毛糸性のマスク。

絶対暑さ予防じゃなくない( ゚Д゚)!??

・・・ま、いいや。
突っ込まないことにしよう。

ブルネイ (21)
中はこんな感じ。

ブルネイ (22)
この橋とか渡ってみたいなー

ビレッジから出るとおじさん、マスクを取った

いやいや、外の方が村の中より日差し暑いでしょ?

心の中でだけ質問を投げ掛けておく(T_T)

船着き場。
ブルネイ (23)
ツアーじゃなくて、市民の船がここに着く。
バス停みたいな感じ。
たぶん、1ブルネイドル。

ブルネイ (24)
水上消防署。

ブルネイ (25)
水上モスク。

ブルネイ (26)
水上警察署。

ブルネイ (28)
水上小学校。

ブルネイ (29)
こちらは新しい水上ビレッジ。

ブルネイ (28)
こんな観光案内所もあったし、海外に紹介する水上ビレッジはここが写ってたから、新たな観光地なんだろう。

この村に住む人達もちゃんとブルネイ人らしい。
基本的に政府からの援助で生活に困ることはないらしいけど、家は高額なことと、この村に住むのはブルネイ人にとって普通のことだから、基本的に多くのブルネイ人はここに住んでるみたい。

お世話になっているボスさんも、昔はここに住んでたんだって~。

以上、水上ビレッジでした~。

余談。

ツアー終了後、20ブルネイドルを渡したら、30だと言われた。
何故なら遠くまで猿探しに行ったりもしたから、と。

えーーーっ、最初に確かに20ブルネイドルって言ったし、猿見れるって言ったし。

だけど停まってほしいとこで停まってもらったり、我儘聞いてもらえたし、うーん、でも10ブルネイドルは高い。
しかも実際私、大きいお金しか持ってなくて・・・

「そんなたくさんお金持ってない・・・どうしよう」と言ったら、

「OK, Don’t worry!!」


と、むしろ笑顔で励まされた。

え(;゚Д゚)??

OKなの!??


だけど良い旅だったので、何となくさっき買ったジュースのお釣りの小銭(80ブルネイセント)を渡した。

おまけ。
ブルネイ (27)
新しい大きな橋。
細部へのこだわりが結構好き


帰ったら従業員の人がまかないご飯と冷たい水を出してくれた。
ブルネイ (31)
サバ美味しかった・・・

だけどブルネイ人は断食中なので、レストランの一角で隠れて皆で食べた。

その後寮に戻って汗を流し、洗濯機を貸してくれたので、有難く使わせてもらった。
二層式洗濯機とか懐かしい
けど使い勝手良いから私は結構好き(゚∀゚)

夜ごはんはまたすごく豪勢だった。

ブルネイ (32)
このカニの料理、高級レストランでしか食べれないような料理でした・・・。

とにかくソースが絶品。カニとニンニク・玉ねぎがふんだんに使われてて、レシピ聞いてくれば良かったとちょっと後悔。

魚の香草焼きも最高だし、皆写真撮ってたから、少なくとも賄いで食べることはないご馳走なんだろう

ブルネイ (33)
インド人がシェフの一人なので、こんなものもいただいた。
ナンっぽいけど、表面がパリパリしてて、チキンカレーを付けていただく

カレーも美味しかったけど、カニソースが美味しすぎて、半分カニソース付けて食べた。

食べてる途中でオーナーさんが来て、突然私の物真似を楽しそうに始めた。

・・・私、よく物真似されるけど、まさか海外でもされるとは。

翌日。
朝9:30の飛行機だったので、7時15分位のバスで空港に向かう。
ベルが一緒に行ってくれて、バス代も払ってくれた。

来るときは10分ちょっとで着いたけど、空港に行くときは住宅地とか通っていくから30分位かかった。

空港についたら、何故かそこにボスさんの姿が

バスから降りたとこをまた写真撮られた・・・


二人に見送られて、ブルネイを発った。

2泊3日(しかも夜着朝発)しかいなかったけど、すごく濃いブルネイ旅でした

貴重な体験をさせていただきましたヽ(´∀`)ノ

ブルネイ費用

交通費)1ブルネイドル(空港からのバス代)
宿泊費)なし
観光代)20.8ブルネイドル
食費)2.2ブルネイドル(お茶・ヨーグルト)
その他(日用品等))なし
合計)24ブルネイドル(1,930円)

航空券)13,507円(色々余計な手数料込)
フィリピン+ブルネイのトータル費用)予算40万以内→316,676円

ではでは~、今日はここまで

読んでくれてありがとうございました

----------

世界一周ブログ村に戻しました、参加中です☆
1日1ポチいただけますと嬉しいですヽ(´∀`)ノ



にほんブログ村
↑↑


Powered by FC2 Blog

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
スポンサーサイト
2017-05-30(Tue)

ブルネイで初っ端やらかしました。

☆ルート☆
フィリピン→ブルネイ

【Brunei】

・国旗)黄色:ブルネイの国王を象徴。白と黒:ブルネイの大臣、地方長官を象徴。中央:国章
スクリーンショット (192)

・首都)バンダルスリブガワン
・主な宗教)イスラム
・時差)-1時間
・為替)1ブルネイドル≒80.4円


2ヶ国目☆ブルネイ・ダルサラーム

マニラ15時発の飛行機でブルネイへ。
マニラのプライオリティラウンジでお腹いっぱい軽食を食べたのに・・・
CIMG0847.jpg

何と機内食が出てしまいました。

いつもLCC利用するからすっかり忘れてた
ロイヤルブルネイ航空でチケット取ったから、そういえば機内食付いたんだ

だけどせっかくなので、
全部食べる。

ドライマンゴーだけ手持ちにしたけど。

17:05ブルネイ到着。

CIMG0850.jpg
入国時に記入したarrival card、の半券を切り取られて渡された。

CIMG0849.jpg
裏にスタンプが押されてる。これは今度は出国時に必要なので、大事に取っておきましょう。

CIMG0851.jpg
空港内にROYCE発見
何故ROYCE・・・??

外に出てバス乗り場を探すが分からず、タクシーの値段を確かめるべく、タクシー乗り場に行ってみると、タクシーの運転手に声をかけられた。
だけどバスで行きたいって言ったら、バス乗り場を教えてくれて、「たぶんだけど最終のバスは18時だよ、もし来なかったらタクシーで行けるから」と言ってくれた。

フィリピンから来たから違和感あるけど、日本みたく特に客寄せとかはしてなかった。

バス乗り場は空港1Fを出て右に曲がり、一番奥。
時刻17:45。まだ全然明るいので、バスを待つことにする。

18:05、来ない。
駐車場の料金所にいた人に聞いてみると、たぶん15分位に来るんじゃないかなぁ、という感じ。
ここまで待ったのでバスを待ってみる。

18:13、バスが来た。
乗車して1ブルネイドル支払い(一律1ブルネイドル)。
ホテルがあるはずの場所の近くで降車する。

そう・・・

ここまではすこぶる順調だった。

MAPS.ME (アプリ)でナビを頼りにウロウロするが、MAPが示す位置にホテルが見当たらない。
あるのは割と立派なマンションのみ。

通りすがりの人に聞いてみたけど「こんな場所にホテルはないはずだ」と。

・・・
・・・・・・
・・・・・・時刻、18:40。


手持ちの現金、$100→134ブルネイドルに両替。

ちゃんと予約はした、場所はここのはず。
何故

暗くなってきたことより、物価が高いこの国で、数少なかった安いホテルに泊まれないことのほうが心配になって焦る

たぶん近くにすごく立派なホテルあるから最悪そこに泊まる選択肢もあるけど・・・
何せ持ち合わせが確実に足りない。

周辺をウロウロウロウロ・・・30分位ウロウロしたところで、近くのお店に入ってみた。

CIMG0854.jpg
綺麗なお店だった。

スタッフのイスラム的な恰好をした女の人に、ホテルのことを訪ねてみる。
やっぱりこの場所にホテルはないよ、と

えーーーーっ、ここはちゃんと日本のサイトで日本にいるときに予約したよー。゚(゚´Д`゚)゚。??

優しそうな女の人が、とりあえず座って、と。

そして・・・数分後。

ちょっと怖そうなおじさんが、面倒臭いという形相でイライラと話しかけてきた。
どうやらこのお店のオーナーらしい。

ううぅ・・・お、怒ってる。怖いよぉ

事情を話し、wi-fiが使えなかったため、おじさんの携帯から私の予約したホテルの番号を検索し、おじさんがホテルに連絡してくれた。
この間、初めに対応してくれた女の人が一生懸命私を慰めてくれた。

思い切り私のほうが年上という事実にも我ながら泣きそうになる。

確実に年下に見られてはいたけど・・・

しかも喉がカラカラだった私に、冷えたジュースを何でも飲んで良いよ、って言ってくれて、ジャスミンティーをいただいた。
お金払う、って言ったけど、いらないよって言われた。

そのうちに電話にて、ホテルの人とおじさんがものすごい口論し始めた。
おじさんどんどんヒートアップ。

え?え?何なにっ

電話の後、おじさんが私にイライラと告げた。

「君が予約したホテルは中国人が経営している違法のホテルだ」


な、何ですと!?ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3!?

と思ったけど、こういうホテルはアジアで結構あるらしいから、あー、なるほどなー、とも思った。

が・・・

このおじさん、何と元政府の関係者だった。

おじさん「君が悪いんじゃないが、君がここに泊まるなら、警察に連れてかれても仕方ない。だけどブルネイは他のアジアと違う。違法ホテルは摘発の対象だ」と。

ものすごい説教を受けた。

だけど日本に置き換えると、日本でも当たり前のことだ。
もし逆の立場なら、私だって旅行者を止める。

私は他のホテルを探す、と伝えた。
だけど持ち合わせが少ない(11,000円位)ことも伝えた。

そこからおじさん、ホテルを電話で探してくれた。
だけどさすがはブルネイ、10,000円以内ですぐに宿泊できるホテルなんて近くになかった。

しばらくすると、おじさんが笑いながらこう言ってきた。

「もし嫌じゃなければ、スタッフが停まってるマンションに泊まっても良い。ホテルみたく快適じゃないが」

一瞬、何を言われたのか理解できず・・・理解はできたけど、理解が追いつかず、戸惑う。

スタッフの女の人が、説明を追加してくれた。つまり・・・
→スタッフの女子寮に泊まって良い。スペースは広いから、全然泊まれるよ。
とのこと。

そんなこれ以上迷惑を掛けるわけにはいかない・・・と思ったけど、他に選択肢はない。

申し訳ない気持ちでいっぱいになって、だけどお言葉に甘えさせてもらうことにした。

このお店のスタッフは女性3人、男性5人。

女子寮は近くの古いビルの一室にあって、シャワーはなく、水を桶に組んで浴びて入るスタイルのお風呂だった(水温は10℃位?)。
ホテルではなく、こういうことがないと見ることができない人々の暮らしを見ることもできて、ホテルより断然素敵な経験をさせてもらえた。
せめて最初のホテルと同じ代金は払う、と伝えたのだが、宿泊費はいらない、と。
快適さは保証できないよ、と笑ってくれた皆に胸がいっぱいになる。

人の優しさに触れて、もちろんホテルよりもよっぽど良かった。

その後、お店を案内してくれた。
CIMG0860.jpg
ブルネイはシーフードが豊富。
ボス(と皆呼んでた)さんが、毎朝市場で仕入れてきた新鮮な魚が並ぶ。

CIMG0856.jpg
キッチンも綺麗。
テーブルとかも、消毒液を使って拭いていた。

ボスさんは実は日本が好きで、政府で働いていた時何度か日本に行ったことがあるらしい。
だからこのお店の名前は「MIZU seafood village」なんだって。

CIMG0863.jpg
何とこのお店、日本のテレビで紹介されたこともあるお店だった。

ランプとか飾りつけとか、細部に店長さんのこだわりが見れてすごく暖かいお店だった。

CIMG0862.jpg
カニ。

CIMG0867.jpg
何とロブスターも。
生きているのは初めて見たかも。

夕飯をこのお店で食べなさいと言われて、もちろんそのつもりだったので、ブルネイ料理をチョイス。

CIMG0877.jpg
こんな風にこだわりを見せてくれる料理にワクワクする。

CIMG0878.jpg
じゃんっ、どれも本当に美味しかった。
新鮮な魚のグリルとか、久しぶりに食べた・・・焼き魚美味しすぎっ

これ、たぶん結構なお値段がする、と思う。

だけどね、料理代もいらないよ、って皆が言ってくれた。

払うつもりで頼んだし、さすがに払う、って言ったけど、これがブルネイの文化だから良いんだ、って言ってくれた。

CIMG0880.jpg
これはサグーという伝統料理。
こんな風に巻き巻きした、たぶん米粉か片栗粉かを伸ばしたものみたいなものに、ドリアンとチーズ、ガーリックと、その他色々混ざったソースを付けて食べる。
このソースも美味しかった。

CIMG0894.jpg
デザートも持ってきてくれた。
グリーンビーンズを甘く煮た物。
日本のお汁粉みたいな感じだけど、甘さが控え目で丁度良くって、これもとても美味しかった。

実はこの料理、2~3人前だったらしく、さすがの私も一人じゃ食べきれず、サグーと牛筋を煮た物を少し残してしまった(つД`)ノ

本当に本当に、申し訳なかった。

食べていると、ボスさんやスタッフの人達が楽しそうに私の写真撮影を始めた。

汗流した後で髪ボサボサでレアなことに眼鏡(学校で結膜炎になったときには掛けてたけど)だし、もう少しマシな恰好してくれば良かった

写真撮影大会。
CIMG0892.jpg
レアで恥ずかしすぎますが、ブログとかに載せて良いというか、むしろ紹介してと言ってもらえたので・・・

イスラム圏なので、女性の肌見せは禁止だけど、実はここのスタッフ、皆外国人。
フィリピン、インド、インドネシア、と、他国の人を雇ってるんだって。
なので仲良くなったフィリピーノのベルはもちろんクリスチャン。
英語の発音がとっても綺麗で、だけどブルネイの公共後のマレー語も堪能(何と独学らしい)で、泊まる部屋も彼女の部屋とベッドを貸してくれた。

CIMG0898.jpg
テレビでは夜の時間、ずっとイスラムのコーランが流れていた。
近くのモスクからたまにコーランが聞こえてきた。

何かお礼をしたくて、でもお金はもちろん言語両断だし、だけど上げられるものなんて何も持ってなくて、何となく使えそうかな、と・・・

持っていた新しい軍手をあげた。
(フィリピンにあった、サガダに行くときに日本の100円ショップで購入したもの、4セット)
掃除とかで使えそうかな、と思ったら・・・

ボスさんが喜んで何度も付けては外して、を繰り返してた。

き、気に入ってくれたらしい・・・良かった

そしてベルには日本から持ってきたマニュキアを上げた。
安物だけど・・・日本で買ったと言ったら喜んでもらえた。

あと・・・

CIMG0939.jpg
何も持ってなかったけど、折り紙だけは持っていた。
簡単だし正直手先は不器用なほうだけど、持っていたソーイングセットと折り紙で作ったらお店に飾ってくれた。

そんなこんなで、人の暖かさに助けられた一日でした。

~~~翌日~~~

27日から?どうやらイスラム教の断食が始まっていたらしく、昼間はレストランは全部閉まってて、他宗教の人達も家の中以外での飲食は禁止の日だと言われた。
イスラム教の人達は1カ月間、明るいうちは飲食禁止

朝ごはんはベルがカップ麺とお茶を入れてくれた。
CIMG0906.jpg

お手洗いを貸してほしいと伝えると、近くの公衆トイレを教えてくれた。
アジアや、ヨーロッパでも時々あるけど、有料のため、ベルが小銭をくれた。
だけどトイレのおじさん、「いらないよ~」と笑顔で無料で使わせてくれた。


そんなこんなな、ブルネイの旅。

初っ端から早速やらかしましたが・・・

たくさんの人に助けられ、本当に貴重な体験をさせてもらえました。


次回はブルネイのモスク等をアップします


ではでは~、今日はここまで

読んでくれてありがとうございました

----------

世界一周ブログ村に戻しました、参加中です☆
1日1ポチいただけますと嬉しいですヽ(´∀`)ノ




にほんブログ村
↑↑





Powered by FC2 Blog

Copyright © 世界一周旅ぶろぐ。 All Rights Reserved.
プロフィール

Misakichi

Author:Misakichi
みさきち。←友達がつけてくれたあだ名で重宝
スペック:看護師、CRC
体力ないくせに好奇心と食欲は旺盛。
趣味:旅 料理 読書
2017.3.30渡航→フィリピンで8週間英語勉強→アジア~西回りで世界一周予定

詳細プロフィール
Author:<%author_name>

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR